L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好奇心は猫を殺しても、好奇心は人を生かす

東日本地域は震災、津波、原発事故で甚大な被害をこうむり、いまだ混乱が続いていますが
全国に点在すると思われるブログ読者のみなさん自身に親戚友人の方はいかがでしょうか?
深刻なことになっていなければと願っています。

今回はこの災害に関して、少しですが書いていこうと思っています。
まずここ一両日、マスコミ報道にネット情報は災害についての映像や情報、憶測、噂が飛び交っています。
まさに情報の洪水です。しかし同時にどの情報も全体の一部でしかありません。
被害地域ではテレビの映像で映っていない場所もあれば、撮影されていない時間帯も多いわけです。
どの情報も都合のいいところの細切れとなった情報で、すべてつなぎ合わせたとしても
一枚の絵図にはならないし、相互に矛盾する点さえでてきてしまいます。

マスコミの報道は必ずある意図に基づいて演出が加えられ、ひどいときには捏造歪曲がおこなわれます。
たとえば真実を報道するとパニックになって被害が拡大するため、ウソでも軽微だと言い張るとかですね。
他にもスポンサー企業への配慮があったり、外国勢力の影響もあったりといろいろあります。
(パチンコのCMが増えてから北朝鮮テレビ番組のおもしろニュースは消えましたよね。そういうことです)
またネットの噂やリークについては、誰かに対する遠慮や配慮はないのですが
どうしても扇情的で過激なものが好まれて拡散する傾向にあり、真贋という点に関しても微妙です。
つまり、どの情報をとっても正確ではなく、どこかに歪みが生じているわけです。

ですから私たちは、このように細切れでしかなく、しかも歪んでしまっているものを見て
そこから正しい全体像を把握しないといけないわけですね。これは至難の業です。
いったいどうすればいいのでしょうか?
それには情報をインプットしてゆく際に、できれば事前に正しい知識を入手しておくことです。
今回の福島原発の事故が旧ソ連のチェルノブイリ級の大惨事になるという情報が拡がりましたが
実際のところ日本は加水型、ソ連は黒鉛型と形式が異なっているなど状況はまったくちがっていて
どちらかというと米国のスリーマイルアイランド原発事故に近い可能性が高かったわけです。
こういうことは少し調べてみれば「ああ、なるほど」とだんだんわかってきます。

大災害のときには、まちがった情報に基づいて行動することは生死にかかわってきます。
自分を守るためにも日頃から正しい知識を仕入れることに心がけましょう。
では、なにが正しいのかというと、まず物理化学や数学などで証明されているような事象については
まずウソというものは少ないので、根本的な原理を理解することは必要になってきます。
どうして地震が起きるのかとか、原子力発電の原理とかをしっかり理解しておけば
過去、ハレー彗星が接近したときに地球上の空気が吸いあげられてなくなってしまうといったような
迷信じみたことを判断材料にすることはないでしょう。

つぎに歪んでいる情報の断片でもいくつも似たような情報を並べて比較してゆくと
一致してゆく部分が浮きあがってきます。そのように一致する情報については確証度が高いですよね。
そのためには、より多くの情報を仕入れる情報網の確保も必要になってきます。

この2つをしっかりと日頃からやっておけば、いざというときに困ることはありません。
それでも日頃からやっていてもカバーできないこともあるでしょう。
そういうときは、すでに起こったことでも、実際はどうなのかといったことに興味をもって
自分の力で調べる努力と工夫をしてください。好奇心で構いません。
「好奇心は猫を殺す」ともいいますが、好奇心で不用意な行動をするのは軽率ですが
好奇心からなんでも調べる、確認しておくことは重要なことです。
だから「好奇心は猫を殺しても、好奇心は人を生かす」のです。

と同時に好奇心を強くもっていると、ちょっと調べてみた情報から意外なヒントを得たり
おもしろい小説のネタが転がっていたりと、なかなかのネタの宝庫でもありますので
あなたとあなたの大切な人たちの身を守るためにも、そして作家として成功するためにも
ぜひ好奇心を持ち、常になにが正しいのかを理解し、そしてニュースの裏を読んでください。
あなたにとって、けっして無駄になることはありません。

Check
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/400-4cc38a8d

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。