L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

小説登竜門NEOプロット書式(改訂版)

現役編集者が選考&指導して作家デビューを目指す一大プロジェクト!
優秀作品は幻狼ファンタジアノベルス(幻冬舎)から刊行で即デビュー!


<募集要項>

 参加資格はプロアマ問わず年齢性別一切不問です。ただしmixiライトノベル作家志望コミュの公式オフに参加して、直接プロットを提出できる方に限ります。高い評価を受けて次のステップに進んでもらう場合、公開打ち合わせなどに参加してもらう関係上、複数回のオフ参加が必要となりますので、あらかじめご了承ください。

 人気企画ですのでプロットの提出数は毎月のオフ1回につき1本のみとさせてください。また上のステップに進んだ方には評価された作品に専念してもらうべく新規プロットの提出はお控えください。

 小説登竜門NEOに提出するためのプロットの書式は以下のようにお願いします。 (2009/9/27現在)

<プロット書式について>

 ワープロの書式設定は、基本40字×44行 に設定してください。タイトルやハンドルネーム、各項目の見出し、空白行を除くと書けるのは合計35行(内訳は下記参照)となります。フォントや文字サイズ、強調、下線などは自由ですが見やすさを心がけてください。必ず日付とmixiネーム(ハンドルネーム)を書いてください。また提出後にハンドルネームを変更すると追跡できなくなるおそれがあるので注意してください!

 項目は全部で4項目で、「コンセプト・テーマ」5行、「キャラクター」3人×5行(15行)、「世界観・舞台設定」5行、「あらすじ」10行の合計35行となっています。各項目ごとの文章量の配分ですが、1~2行程度なら項目間で融通して調整してもらっても構いません。 キャラクター数も必ずしも3人でなくても構いません。合計行数35行さえ越えなければ2~5人程度は許容範囲とします。ただし、あらすじはどんなに多くても必ず12行以下でお願いします。 ストーリーをまとめる文章力も評価対象となっていますので、規定外の長さの場合、残念ですが評価対象外とさせていただきます。


<各項目を書く際の注意点>

【コンセプト・テーマ】
 あらすじを書いてしまっている人が多いです。 しかし、ここは作品のどこが面白いのか、または注目してほしいかを書くところです。 特に「悲劇」などの重厚な作品については、しっかり主人公の抱える苦悩、葛藤を含むテーマ書いてください。「ラブコメ」といった軽い作品についても「主人公が一方的に言い寄られて困惑する」のが面白いのか「片想いの相手に振り回される」のが面白いのかなど具体的にお願いします。

【登場人物】
 容姿や肩書き、経歴などは最小限にすること! 5行中4行以上、容姿について書かれているプロットも見受けられましたが評価者的には「空白」と同じようなものです。意味がありません。ストーリー上のキーワードでもなければ容姿説明は”ほぼ不要”です。書いたとしても容姿、肩書き、経歴をまとめて1行半以下にしてください。評価者が知りたいのはキャラの性格や人柄、行動パターンなのです。

【世界観・舞台設定】
 ここは比較的フリーなので、自由に書いてもらってもいいのですが、やはりストーリーの核となる根幹の設定に絞って書いてもらうと読みやすいです。『スターウォーズ』で書くなら、物語の特殊概念であり、物語の中核となる「フォース」について物語にどう関与するものであるかを解説すべきです。5行しかないなら、帝国軍と反乱軍の設定なんて書くべきではありません。

【あらすじ】
 どうしてもあらすじが長くなってしまうのは、物語が作者の中で巧くまとまっていないからです。ポイントが絞れていない作品は起伏もなく、盛りあがりにも欠けてしまいます。物語全体をまんべんなく平均的に書こうとせず、クライマックスなどポイントを絞って、そこに分量を割いて書いてください。もちろん、あらすじですからストーリーの最初から最後までを書いてください。

<選考結果発表について>

 基本的には、提出した翌月のオフにて、直接口頭で結果と講評をお伝えしています。ただしオフに参加できない方については、個別対応にて結果(ABC評価)のみお伝えしています。講評については翌々月以降になっても構いません。優秀作品(A作品)については、オフのなかでタイトルと作者を公表し、次のステップに進んでもらいます。

<書式スタイル例>

作品タイトル
   2009/mm/dd(提出日の日付) ハンドルネーム<右付>
【コンセプト・テーマ】
1 ここから書きはじめ




   <空白行>
【登場人物】
▼キャラA名  ここから書きはじめ




▼キャラB名  ここから書きはじめ




▼キャラC名  ここから書きはじめ




   <空白行>
【世界観・舞台設定】  
1 ここから書きはじめ




   <空白行>
【あらすじ】
1 ここから書きはじめ








10

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/41-ceaff21a

HOME
広告: