L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見切りをつけることも必要

作家になるには小説作品を書き続けることが、なによりも肝要です。
しかし、ただ闇雲に原稿を書いていれば、どうにかなるというものでもありませんよね。
商業作品として売り出すには、それなりのクオリティがなければいけません。

そしてクオリティというのは、多くのボツネタの山の上に築かれるものだということを実感していますか?
1つの成功の前には試行錯誤の段階において無数の失敗が死屍累々と転がっているものです。
そんなわけですから、あなたが今書いている作品、あるいは書こうといている作品もまた
成功する可能性よりも失敗する可能性のほうが高いわけです。

もしも失敗作であるなら、それに執着して、よりよい作品にすべく粘るのは得策ではありませんよね。
基本設計がダメダメなものをどうにか満足のゆくレベルまでもっていくのは至難の業であり
結局はどうにもならずお手上げになってしまうことのほうが多いのです。
いわゆる壁にぶち当たってしまうという状況です。

ですから、どんなに思い入れがあるアイデアでも、あるいは時間をかけて育んできた構想でも
その先に見込みがないと判断したら、すぐ見切りをつけて別の新しいアイデアに着手しましょう。
あなたの時間は無限ではなく有限ですから、無駄な時間は1秒たりとも失いたくないですから。

それでは、どうやって勇気ある撤退を選ぶべきかどうか判断すればいいのか?
はっきり言ってしまうと、個人ではなかなか判断がつきにくいし、雑念が入ってしまうんですね。
もしも創作仲間やラノベファンの友達がいるなら、ぜひコンセプトだけでもいいので見てもらいましょう。
このときどこがどうおもしろいかなどの理由を求めてはいけません。
前にも書いたように作家や編集者でない素人というのは「おもしろい」「つまらない」の判定には
ものすごく参考になるのですが、あくまで直感的な判定に頼るものですから、その理由はあてにならないし、
むしろ理由をつけて判定しようとすると、せっかくの直感的な鑑識眼が鈍ってしまうことになります。

しかし作家志望者であることを周囲に隠している人もいるでしょう。
そういう人は自分の作品を見せる相手はいませんから、自分で判断するしかありません。
自己診断する際には、あなたの作品にエピソードの拡がりがあるかどうかで判断しましょう。
もっとわかりやすく言うなら、あなたの作品の中の主人公が活躍するシーンのパターンとして
10分間で10個くらいは、すらすら思い浮かぶかどうかが見切りポイントです。
見込みのない作品というのは、まったくおもしろいシーンが思い浮かばないということはないのですが
1つだけの場合が非常に多いんですね。芸人で言うと一発ギャグの一発屋みたいな感じです。
こういう一発屋主人公の作品はたいてい長編小説では息切れしてしまって失敗してしまいます。
惜しいと思うかもしれませんが、ここはすっぱり諦めて見切りましょう。
いずれ短編の主人公として活躍する場があるかもしれませんし。
他にも見切るべきタイプの作品はあるのですが、自分でも判断しやすいのはこれですね。

みなさんも断腸の思いでしょうが、見切るときは見切って、よりよい作品にチャレンジしていってください!

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-410.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/410-97eb8c1b

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。