L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

まとめるな

きょうは長編作品を書くときのちょっとしたコツを教えましょう。

まとめるな!


まだ作家志望者であるなら下手にまとめようとしないでください。
スキルがたりない人がまとめようとすると、どうしてもちっちゃくまとめちゃうんですね。
これには根本的な原因があります。

プロ作家というのは、自分の書きたいコア(核)というものが決まっています。
そのコアというのは、主人公であるかもしれないし、クライマックスシーンかもしれません。
なにがコアになるのかは、その人、そのときによって変わると思いますが
そのコアを中心にして、その周りに肉付けしてゆくように物語を考えてゆくことが多いんですね。
ちょうど雪だるまを作るのに、雪玉を転がすようにして話をふくらめてゆくわけです。

ところが作家志望者クラスの人が物語を作ろうとすると、たいてい外枠を決めてしまうんですよ。
自らジャンルやカテゴリーを限定してしまったり、無意識のうちに既成概念に縛られたりしているので
どうしても枠に収まらないようなハジけた作品にはならず、きれいにまとまった作品になりがちです。
で、この外枠が途方もなく大きいとか、そういうことであればいいのですが、その多くは小さいんです。
だからどんなにきれいにまとめても物語のスケールは小さいし、深みがなく浅くなってしまう。
しかも外枠から決めているから大バケしたり、爆発するような潜在力にも欠けてしまっているわけですよ。

だからこそ、まず作品を書こうとするときは、まとめようなんて思わないでください。
どんどん物語のスケールが拡がったっていいじゃないですか。
もしも一冊に収まらないくらい肥大してしまったら、カットして編集してしまえばいいのです。
正味の中身がたりないからと内容を薄めてカサ増しするより100倍はマシですよね。

それとスケールを広げるにしても無節操はいけません。
核分裂のようにつぎつぎに拡がってしまうと収拾がつかなくなりますから
上にも書いたとおり、コアを中心に拡げていけば作品の方向性を見失うことはありません。

それと、もうひとつ大事なことを書いておきましょう。
作家志望者の投稿作品のほとんどは作者本人が思うほど物語が拡がっていません!
もし日頃から友達に突飛なことを考える奴だなどとよく言われていないのならば
あなたの思う半分ほどしか物語が拡がっていないと思ってもらって結構です。
これはいくらなんでもやりすぎだろと思うくらいで、きっとちょうどいいでしょう。
とはいっても、自分でやりすぎたと思えるくらいのハジけた作品を書くのは
あなたが今思っているより最低10倍は難しいことなので覚悟してくださいね。


Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-411.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/411-e9ef47ee

HOME
広告: