L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

まどマギの終わりもまた梶原一騎であった

前回の記事に書いたように『魔法少女まどかマギカ』の結末は、やはり梶原一騎的にまとまっていましたね。

梶原一騎原作作品の最終回といえば、有名どころの結末をあげてみると
『あしたのジョー』では世界タイトル戦に判定負けし、しかも「真っ白な灰」になって
死んでしまったとも、燃えつきて廃人になってしまったともとれる表現になっていましたが
これは作画のちばてつやのアレンジで、原作の構想ではパンチドランカーになって療養所行きだったようです。
『巨人の星』はあまり知られていませんが、試合中の右腕故障で選手生命を絶たれてしまい
ひっそりジャイアンツを退団、ひとり夜の町に消えてゆく後ろ姿で終わってます。
その後に『新巨人の星』では左腕投手として再起するんですが、残念ながら作品が打ち切りに……
もっとも悲惨な『タイガーマスク』は無敵を誇る人気レスラーも車にひき逃げされて事故死。
タイガーマスクの正体を知られまいと、いまわのきわにマスクを川に投げ捨て絶命するんですね。

このように子供向けだったはずのマンガなのに、この落ちぶれ感が賛否両論なわけです。
しかし一見すると、まどマギは、上記のような結末ではないようにも見えますが
それは「魔法少女」のテーゼとして「夢と希望」があったがゆえに、
希望という名の元にオブラートでくるんだだけで、個人単位で考えると結構ひどいことになっています。

まどかは世界を救う対価として自らの存在すら失い、かつ永久に戦い続ける運命を背負うことになり
ほむらも結局はまどかを助けるという目的を達成することなく、孤独に戦い続けることになってしまいました。
これは梶原的な主人公の「やりきった感」の充足感とは裏腹に「死」や「世間の冷たい風」によって
淋しく日の当たる舞台から退場してゆくさまは、しっかりと梶原一騎テイストなんですね。
そして理解しあえた直後に死をともなう別れが訪れるという梶原作品の王道もまた健在でした。

実は、それ以前のヒット作『新世紀エヴァンゲリオン』もまた梶原一騎的ではあったんですよね。
しかし、この作品においては世界観の規模が大きすぎたのが災いしてしまいました。
なにせ梶原作品では、あくまでスポーツなど個人の問題であった対象が
世界の存亡まで拡大されたときに、従来の梶原的手法では解決できずに崩壊してしまったんですね。
つまり理解しあえない者同士が、理解しあって死に別れるという構図が安易に使用できず
あの強引な最終回によって「理解しあう」ところまでは到達したけれど、その後が続かなかったわけです。
その後の劇場版などを見ると、おそらく当初はグノーシス派キリスト教的な思想に基づいた
つまり「全人類の魂が女神ソピアーに回帰し、プレーローマへ帰還する」というような
結末が用意されていたとは思いますが、そこまで到達しえなかったと考えています。

そう考えると、今回のまどマギはエヴァが破綻してしまった結末を絶望をともなわせず
それなりに魔法少女というカテゴリーに収まる範囲で解決させたのは、よかったと思います。

ただ、リアルに梶原漫画やアニメに接していた世代にとっては、それほど新鮮みがあるものではないので
若い世代が熱狂的にのめり込むほどにはハマることなく、ちょっと客観的になってしまうでしょうね。
どうしても梶原一騎という希代の人物の発するパワーは桁違いなんですね。
知らない人はwikipediaで調べてもらえれば、どんなとんでもない人物かわかるでしょう。
手塚治虫でさえ、梶原一騎のためにスポーツ漫画と格闘漫画には手をださなかったといわしめた天才であり
アントニオ猪木を暴力団員とともに監禁して逮捕されるくらいの破天荒な悪漢でもありました。

今回、まどマギのヒットは、萌えアニメやジャンプ的なマンガが主流ながらも
アレンジしだいで、まだまだ梶原一騎的な作風が通用すると証明しただけでも価値があったと思います。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-441.htmlk
関連記事

コメント

from 名無し@まとめいと
でもまどかを評価している人には業界の大物が多いですよね。彼らは梶原漫画を知っている世代のはず

Re: タイトルなし

from UNO=日昌晶
> でもまどかを評価している人には業界の大物が多いですよね。彼らは梶原漫画を知っている世代のはず

コメントありがとうございます。
自分たちの世代の王道であれば、大いに評価することになるでしょうね。
これはハマってしまうということとは別なのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/441-fad9bdbd

HOME
広告: