L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝わらなければ、何もしないより悪い

いいアイデアが浮かんだ!

それで小説を書いてみた。
しかし作品を好意で読んでくれた友達の感想も評価も芳しくない。
そんなことは、往々にしてあるものです。

なぜ、この作品のおもしろさ、素晴らしさがわかってくれないのか?
友達は読解力に問題があるのか? はたまた感受性に乏しいのか?
そう思わずにはいられない気持ちは同じ作者なのでよくわかります。

特にいいアイデアを作品にしたと思ってたのなら、なおさらです。
だが少し頭を冷やしてみてください。
もし本当に素晴らしいアイデアだったとしたら、なぜ読者に理解されなかったのか?

考えるまでもありません。答えは単純明快です!
君の素晴らしいアイデアの真意が作品を通して読者に伝わらなかっただけのことです。
大事なアイデアは作品を書いてゆく過程で殺されてしまっていたのです。
君自身の手で……そう、犯人は君なんだ。

こうなってしまったら最悪だ。
こんなムダな作品を書かなければ、君はその作品にかけた膨大な時間と労力
そして資料購入などで幾ばくかのお金まで損をするハメになるのです。
そんなことなら作品なんて書かなかったほうがマシだ。

事態は新人賞に落選して落選するだけですまされることではないのです。
君は自分の可能性を自ら潰していることに、きっと気づいてないでしょう。
もし作品を書く時間を、労力を、そして熱意を別のことに注いでいたら
仕事や難関資格の取得などで大成功していたかもしれないとう君の大いなる可能性を!

そこまでのリスクを背負っていることを考えて、君は小説を書いていますか?
君のアイデアは伝わらなければ、まったくの無意味どころか害悪でしかないのです。

だからこそ、どうすれば自分のアイデアを読者に伝えることができるのかを考えながら
作品を創作してゆく必要があることを絶対に忘れないでください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/47-0807294c

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。