L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

モテラノベ第6の法則「社会的評価を優先させる」

ラノベを読んでモテモテになる連載企画「ラノベでモテるんです!」も第6法則です。
今回の法則はですね、ラノベ読者にはちょっとつらい選択になるかもしれませんが
モテるためにはしかたないことなので、しっかりと書いておきましょう。

とかくオタクと呼ばれてしまう人、または自認する人の特徴のひとつとしてあげられるのが
他者の価値観をまったく度外視して、自分の価値観を優先させてしまうことなんですね。
どういうことかというと、典型例としては服装がよく話題になりますよね。
だからこそオタクは服装に無頓着で小汚いなんてメディア的ステレオタイプのイメージが強いわけですが
これもまた自分の価値観のみを優先させてしまう結果、普通の人なら人目(社会的評価)を気にして
それなりを心がけている服装について、ほとんど興味を示さないのが理由です。

そう、一般的には社会的な評価というものの優先順位は高いんですね。
人にどう見えられいるのか、どう思われているのか、ということは気になるものです。
特に好きな子にどう思われているのかなんてことは最優先項目でしょう。

ひるがえって、ラノベの主人公たちはどうでしょうか?
実はけっこう人目を気にする少年たちが多いんですよね。
まったく服装に無頓着、だれにどう思われようと無関心なんてキャラはていてい変人脇役キャラです。
変人キャラはいい味かもしだしてますが、なかなか主役にはなれないものです。
そして、そうそう作品の中でも彼女もできないですよね。
中高生の妄想を具現化したようなライトノベルでさえそうなのですから、いわんや現実世界においてはです。
たしかに長期連載の末、なんだかよくわからないけど、唐突に彼女ができたりするケースはありますが
それをあなたが期待するには、人生は非情であり、過酷すぎるでしょう。

つまり、あなたはラノベ主人公と同じように人目を気にしましょう。
そして自分の価値観も大事にしつつ、社会的評価についても一定の価値を認めましょう。
これを否定しては、いつまでもあなたにモテ期はやってきません。

そして社会的評価というのは、なにも服装だけじゃありません。
ステータスというのも重要なわけです。
たとえば趣味の世界でも、アニメより映画のほうが、なぜか高尚とされますよね。
ゲームよりもスポーツ、創作だって同人活動より絵画のほうが尊敬されるし
ライトノベルを書くよりも、一般文芸それも恋愛小説なんてもののほうがずっと評価されます。
その趣味自体に優劣や上下はないにしても、やっぱり序列というものが決まっています。
ならば、あなたの許容範囲内で少しでも上にランキングされているものを選択しましょう。

同じゲーム好きよりエロゲ好きより音ゲー好きのほうが確実にモテます。
アニメや漫画だって、萌え系よりもハードなテーマのある重厚な作品のほうがモテます。
細かいところではありますが、この微妙なステップアップはなんだかんだで差がつきますよ。
まず社会的評価が高いということは女性も同じ興味を持つ人が確率的に多くなるので
出会いの確率がぐんと高まりますし、出会った後のアピールポイントにもなるわけですからね。

考えてもみてください。
すでに故人でありスクリーンでしか見ることができないオードリー・ヘップバーンを
いかに好きなのか、理想的な女性か熱弁をふるう映画ファンと
二次元萌えキャラについて熱弁をふるうアニメオタクとどこがちがいますか?
さしてちがいはありません。しかしそれを聞く女性の反応のちがいたるや……
小さな差が大きな結果となってかえってくるわけです。

そしてラノベの主人公少年は意外と(その世界観の中での)社会的評価の高い特技や能力をもってるものです。
はたして、あなたは現実世界において社会的評価が比較的高いものを持っていますか?
最たるものは「美しさ」ですが、それがイマイチなら他をあたるしかありませんよ。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-480.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/480-9b9e2a84

HOME
広告: