L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

あなたが影響を受けている作品は?

日本人がその後の人格形成において、もっとも影響力を与えるのは
小中学生のときに見ていたアニメやマンガなのだそうです。
というのは、書籍『ワンピース世代」の反乱、「ガンダム世代」の憂鬱』の受け売りなのですが
たしかに、それはうなずけることが非常に多いんですね。



私はというとギリギリでガンダム世代、それもファーストガンダム世代になるかと思います。
それこそ本編は半年おきに再放送される勢いで、ガンプラはザクレロやアッザムまで売り切れて
ガンプラを求めてオモチャ屋をわたり歩くような異常事態の真っ只中に少年時代をすごしたわけですから。
それと時を同じくはやっていたのは『ドクタースランプ』や『うる星やつら』などでしたね。
この2番組は奇しくも東京では水曜の夜7時からフジテレビで連続して放送されていました。
マンガではなにより惹かれたのが『究極超人あ~る』でした。
そう考えると、今のものの考え方というのは、この頃に見た作品に感化されていると思います。
好むと好まざるに関係なくユートピア的原風景がそこにあるんですね。
しかも、それは同年代の世代に共通しているわけです。

これは創作においても同じか、それ以上に影響してゆくことでしょう。
おそらくあなたの書きたい作品の根源にある心象風景は小中学生時代に見ていたもののはずです。
それがなんであるのか自覚しておくことは、あなたにとって有益なことです。
自分がなにを嗜好しているのか、そしてどこに向かっているのかの指標になるからです。
子供心にどうして好きだったのかを理解していれば、あなたの書きたいものの輪郭が見えてきます。
幸か不幸かおそらく、あなたの作風はこれらの経験してきたものの影響から完全に離れることはできません。

もういちど昔を思いだしてください。なにが好きだったのか? どこがたのしかったのか?
あなたが読者を魅了するための素材は、きっとそこにあるはずです。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-488.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/488-2a2d868a

HOME
広告: