L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやくスケイブン完成!

ひさしぶりに趣味(のはず?)のウォーハンマーの記事を書いてみようと思います。
本当にようやくスタートセット『流血島の合戦』のスケイブン(ネズミ人間)のアーミーが完成しました!
クランラットの歩兵隊40匹をペイントしてゆくのが、とにかく大変だった……

スケイブンアーミー

この数でフルオプションで装備つけまくりにしてもゲームでは1000ポイントに満たないんですよね。
だいたい2000ポイントでゲームするのが一般的なようですから、まだまだですね。
とはいえ強力な駒は1匹で800ポイントとかあるので、単純に数が2倍になるわけじゃないですが。

出来映えはビギナー向けの基本的な塗り方しかしてないけど、モノが大きくても5~6センチしかないので
写真のようにアップで見なければ、それなりに見えてしまうと思います。
余裕があれば、少しずつさらに手を入れていきたいと思います。
本当はベースの土台なんかも草を生やしたりして、それっぽくデコレーションするらしいですよ。

アップの写真はネズミ大将(ウォーロード)と改造ネズミ人間(ラットオウガ)ですが
旗指物(軍旗)の形状やメカ好きで発明の数々からすると
スケイブンは日本がモチーフになっているようですね。鎧などは古代ローマ風なんですが。

ウォーロード&ラットオウガ

セットにはもう一方の軍勢であるハイエルフのアーミーもあるんですが
こっちは思いっきり手抜き状態で歩兵隊は『トイ・ストーリー』にも出てくる兵隊のオモチャみたいに
すべて緑一色に塗ったりとか、騎兵5騎を1色ずつ虹色に塗り分けたりとか適当にペイントしていて
マトモに塗りつつあるのはセット最大のフィギュアであるグリフォン騎乗プリンスくらいとなっています。

本当はゲーム用の駒なのにいまだにゲームをする気配はありませんね。
対戦デビューはいつになることやら……

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-490.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/490-8c63d11d

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。