L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読者のことを考えた執筆とは?

【質問】
小説家に必要なスキルとして『読者のことを考える』ということがありますよね。
これがないと、どんな秀筆でも独りよがりになってしまします。
自分も今はこの『読者のことを考える』ということを自分の課題に執筆をしているのですが……
では、具体的に『読者のことを考えた執筆』とはどのようなことなのでしょうか。

自分なりの答えを出そうとしているのですが、なかなかコレだというものが思いつきません。
よかったら、ヒントを出していただくよう、よろしくお願いいたします。


【アドバイス】
そうですね。読者のことを考えて書くのは、とてもたいせつなことです。

特に執筆経験が浅い人は読者目線での情報の出し入れが苦手な人が多いですね。
プロ作家なら編集者がついてチェックしてくれるわけですが、投稿者ではそうはいきませんので
より注意して作品で提示される情報をよく吟味して、かつ整理してあげてください。

あれもこれも書きたいと詰めこみすぎて書いてしまう情報過多になってしまうと
作品のストーリーやテーマが寝ぼけてしまいます。
これはあとになって作者が削ることができますので、まだいいんですが
もっとも注意すべきは情報不足です。
この情報整理の欠点を持つアマチュア作品は本当に多く見うけられます。

たとえば読者的にはどうでもいい世界観の設定説明がだらだらとつづいて情報過多になっているのに
主人公の発言や行動の裏づけになる動機や思惑といったものが、ほとんど書かれていなかったりですね。
もちろん作者的にはつじつまが合っているのだろうけれど
読者にとって主人公の行動は突拍子もないものでしかなく、理解不能な存在となってしまいかねず、
感情移入とか共感どころではなくなってしまってるんですね。

これが典型的な悪例ですので、ぜひこうならないように注意してください。
ほかにもいろいろまだありますが、まずここができていないとすべてがだいなしになってしまうので
まずは、この情報整理について気をつかって執筆してください。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-491.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/491-0cab31eb

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。