L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

人生をたのしもう

今回は創作において根源的なことを、いまさらながらですが書きます。

たのしい物語を書きたいのであれば、あなた自身の生活を、人生をたのしんでください。

悲しい話を書きたいのであれば、あなたにとってもっとも悲しかった経験をふりかえってください。


多くの人の心を動かすには他の人が書いた作品の受け売りは通用しません。
あなたが心と体で芯から感じたことのみを他者に伝えることができます。

もしもあなたが感動的な素晴らしい小説を読んだとしましょう。
そのとき、あなたがその本を読んで感動したという”体験”を自分の作品の中に活かすことができます。
しかし感動した本の”ストーリー”や”設定”をそのまま自分の作品に流用することはできません。

そこのところをまちがえないようにしてください。誤解している人がたくさんいます。
人の心を動かすためには、心を動かした対象自体を右から左に持ってきてもダメなんです。
自分の心が動かされたときの心のメカニズムや原理を解明して、それを再現できないといけないのです。

たとえるなら工場から「機械」を買ってきて、お客に売っても技術力はまったくつきませんよね。
「機械」の仕組みを理解して、その動きを再現できる別の機械を自作できてはじめて技術力になるのです。

もちろん消費者である読者であれば、こんなことを考える必要はまったくありません。
コンピュータの動く仕組みやテレビの映る仕組みをまったく理解していなくても使用できるのと同じです。
ただしクリエーターになりたいのなら、これができなければお話にならないのです。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-496.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/496-28abbe59

HOME
広告: