L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

発想力のある人、ない人

作家志望者にもいろいろとタイプがありますが、そのなかに「発想力のある人」と「発想力のない人」がいます。
ここでいう発想力というのは、いわば頭の中にアイデアの泉をもっているかどうかんですね。

アイデアの泉が頭の中にあると、使えるアイデアも、どうしようもないアイデアも常に湧いていて
アイデアの枯渇に悩むことがあまりないのですが、あまりにたくさんアイデアが思いつくものですから
そこで満足してしまって、なかなか執筆までいたらず苦手という欠点があります。

反対にアイデアの泉がない人、正確にはまったくないわけではないのですが、
ちょろちょろとしか出てこない人というのも一方ではいます。
こちらは、とにかくアイデアが出てこないようなんですね。
たとえ出てきても、ほとんどはオリジナリティに欠け、読者を魅了するほどのインパクトもありません。
しかし悪いことばかりではなくて、そういう人は執筆が早いタイプの人が多いんですね。

こんなことを書いたのも、わけがありまして、私はどちらかというと前者タイプであり
現在指導している弟子の夢見照子は後者のタイプなんですね。
私からすると、アイデアなんてものは、その場ででっちあげるくらい、すらすら出てくるので
アイデア出しに苦労するという感覚があまりないわけですが、照子はずっと苦しんでいます。
しかし私としてはアイデアが出てこないというのが、あまりにも実感がもてなかったりして
どうやって指導してよいものか、ちょっと悩んでいるところだったりします。

アイデアが出てこないのは、どうもセンスの問題ではないようです。
センスというのは、出てきたアイデアが良いか悪いかといったことで判断するわけですから
そのアイデアが出てこない以上は、センスとはちがう素質なのでしょう。
では、なにかと考えたときに思い浮かんだのは、論理的思考の使い方なのではないかと思うのです。
森羅万象、この世にあふれる情報を自分なりに咀嚼して、新しい意味で解釈するには
情報処理能力が求められるわけですが、この情報の処理の仕方に差があるのではないのかなと。

アイデアが浮かばない、出てこない人というのは、どうも固定概念に縛られがちで
1つの情報の入力に対して、出力が1つしかないような考え方をしているように思えるのです。
たとえるなら「りんご」という情報の入力に対して、出力は「赤い」だけしかないみたいな感じですね。
そこには青りんごの「緑の」ということもなければ、味の「甘酸っぱい」というのもないんですね。
実際はもっと複雑なのですが、こんな感じで物事を画一的に割りきってしまえるタイプだといえます。

こういうタイプの人に発想力を身につけてもらうには、日常生活においても多角的に物事をとらえ
考えてゆくように心がけ、実践してゆくしかないのかなと思うしだいです。
そのためには、いろいろなことに興味をもってほしいですね。
発想力のある人というのは、この実践がごく自然にそれができるし、逆にやらないと気持ち悪いんです。
発想力のない人には、かなり努力が必要だし、つらいことでしょうが、やらなければならないのです。

あなたは発想力のある人ですか? それともない人ですか?

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-503.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/503-b8efd0c5

HOME
広告: