L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ人はゲームをするのか? 《コンピュータゲーム編》

なぜ人はゲームするのかと考えてみたとき、3つ要素が重要なのではないかという考えにいきつきました。

ひとつめは「スリル」です。
人は現実では実現できないような行為に憧れ、やってみたいという欲求があります。
だからこそゲームでは普段の生活とは、ちがった常識(ルール)が定義されていて別世界を構築しています。
またモチーフのあるゲームについては、一般人では経験できないような非現実的なものが多いですよね。
モチーフが戦争やカーレースであったり、舞台も広大な大宇宙であったりとか異世界とかなわけです。

ふたつめには「安全性」です。
人は身勝手なもので、スリルを求めているわりにはリスクを怖れます。
特に命に関わるものについては忌避する傾向にあります。しかしゲームは安全です。
ギャンブルとしてお金を賭けなければ、命や財産を奪われる危険性はほぼ皆無です。
完全に身の安全が保証されるからこそ、すぐに死んでゲームオーバーになるゲームにも気楽に挑めるのです。
もし漫画の『ガンツ』みたいな本当に死んでしまうようなゲームだったら、
ほとんどの人は怖じ気づいて、やってみようなんて思わないでしょう。

そして、3つめが「公平性」です。
実はこれがいちばん大切な要素じゃないかと思うのです。
なにが公平化というと、ゲームはルールという制約が強い世界ですから、
現実社会でのしがらみをほとんどひきずらずに済むんですね。
どういうことかというと、ネットゲームのMMORPGを考えてみましょうか。
このゲームの中のプレイヤーは、課金アイテム等の有無こそはありますが、ほぼ公平な立場です。
つまり引きこもりのニートでも、年収数億円の国際弁護士でも、人気絶大のサッカーの日本代表選手でも
このゲームの中では同じひとりのプレイヤーであり、その能力もまたほぼ均質です。
知名度や年収、はたまた年齢やスキルも関係なく、倒せるモンスターの数はだいたい同じだから
得られる経験値やゴールドも似たようなもので、純粋なまでに平等が約束されているのです。

差が生じるのはプレイ時間の長短だけ、つまり頑張れば頑張っただけ成果があがり評価されるのです。
もちろん、こんな理想的なことは現実社会にはありませんよね。
世の中は不条理なもので、頭のいい人は授業をなんとなく聞いてるだけでテストで高得点がとれるし
どんなに努力してもプロスポーツ選手になるには、卓抜した才能がなければ門前払いです。
社会に出れば出たで出世するのは、人当たりがよくて要領のいいやつばかりというのもあるでしょう。
さらに溯れば生まれたときから貧富の差でスタートラインまでちがってきています。
こういったことが、たいていのゲームにはまるでないんですよ。
たしかに格闘ゲームやシューティングゲームには多少の資質が影響するでしょうが
まったく資質が関係しないゲームも数多くあるのですから、無理に選ぶ必要もありません。

以上のことから「スリル」「安全性」「公平性」、この3つこそが
人のメンタリティが求めているゲームの柱なんだと思うわけです。
そして現実社会の不条理から解放してくれるツールとしてゲームがあるのではないでしょうか?

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-508.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/508-500683bb

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。