L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

日本人の名前の種類についての考察(その1)

きょうは日本人の名前について、ちょっとだけ考察してみましょう。
一口に名前といっても現代日本には、いろいろなタイプがありますのでまずは由来などから分類してみます。
歴史的に見て、厳格に定義すると名前は男子だけに与えられたものなので、まずは男性名についてです。

(1)古来系……「~彦」「~麿」など神話にも出てくるような古式ゆかしい名前
(2)役職系……「~介(輔)」「~左衛門」「~兵衛」など官職にまつわる名前
(3)諱(いみな)系……漢字2字からなり訓読みとなる名前で最も一般的な日本人名
(4)俗称系……「~太郎」「~丸」など俗称、字(あざ)に基づく名前
(5)一字名系……嵯峨源氏系に多い一字名、漢字2字でも一字名っぽい呼び方の名前(例:「孝史」など)
(6)その他……以上に分類できない名前全般

だいたい日本人の名前を大別すると以上のようにわけられるのではないでしょうか。

そして元々の日本人(支配階級)の姓名については5つに分かれていていました。
5つとは、氏(うじ)、姓(かばね)、苗字、諱、字(俗称、通称)です。
このうち姓は中世の頃にはすっかり使われなくなり、ほとんどの人が自分の姓がわからなくなってしまいました。
このことを本居宣長などは非常に嘆かわしいことだと言っています。
で、残る4つについては明治の頃までは、まだ使われていました。

たとえば有名人でいうと上野に銅像のある西郷さん。
彼の場合はというと「西郷隆盛」というのは後世の呼び方で、正しくありません。
通常は4つ全て併記するか、「氏」と「諱」、あるいは「苗字」と「字」がセットになるんですね。
ですので「西郷」は苗字ですから、続くのは字のほうの「吉之介」なので「西郷吉之介」が正しく
諱の「隆盛」を使うなら氏の「平」をとって「平隆盛」(たいらのたかもり)となります。
もっとも諱というのは、大陸文化の影響もあり、天皇や主君あるいは親の前でのみ使うかしこまった名であり
日常生活では字(俗称、通称)を使う風習がありました。
なので西郷さんも明治天皇の前では「平隆盛」を名乗り、普通は「西郷吉之介」で通します。
ですので徳川家康というのも後世になってからの便宜的な呼称であって、当時の呼称ではありません。
「徳川内府」とか「源家康」というのが正解です。織田信長も同様に「織田上総介」「平信長」ですね。

特に高位の武士は通称として官職名を用いることが一般的でしたから、
それを真似た中位下位の武士たちも兵衛府の武官でもないのに「権兵衛」とか名乗ってみたり、
右衛門府とは関係ないのに五右衛門とか名乗るのがはやり、そのうち農民までも名乗るようになりました。

現代は戸籍法によって、氏と苗字とが、そして諱と字もひとつにまとめられてしまって
「苗字(姓)」と「名」のふたつしかなくなってしまいましたが、そもそも大きく意味が異なっていたんですね。
ちなみに氏は一族血縁に受け継がれるので、女子が婚姻しても改姓されませんが
苗字というのは領地や屋敷の場所から派生したものなので、嫁入りして住む場所も変わるので改姓されます。
もともと古来より日本では、氏は夫婦別姓で、苗字は夫婦同姓なんですね。
中国や朝鮮には苗字という概念はなく姓(氏)だけなので、基本的に夫婦別姓となるわけです。

ここでライトノベルで使われる名前を考えると(2)役職系ないし(4)俗称系、(5)一字名系が多いです。
どうしても(3)諱系の名前は堅苦しい感じがする一方で、(4)俗称系は親しみやすいんですね。
同様に一字名系の名前も親しみやすいイメージがあるので多用されます。
ここでちょっとおもしろいのは(2)役職系もかなり目立って使われていることです。
少年向けライトノベルの主人公少年というのは、どちらかとうと内気で保守的な性格が多いので
諱ほど格式張ってはいないけれど、ちょっと古めの名前が好まれているのかもしれませんね。

少女向け作品になるとライトノベルもマンガも男子は(5)一字名系が多いです。
ちょっと(6)その他と区別がつきにくいんですが、発音の音節が短いですよね。
たいてい女性がカレシを呼ぶときは、愛称として名前の最初の2音で呼ぶことが多いこともあってか
登場人物だと最初から名前が2音、3音しかない場合が多いんですね。
また男性名に最も多い諱系の4音の名前は大仰、古めかしいというイメージがあって
洗練された名前として短い音節の名前が好まれているというのもあるでしょう。

まあ、作品の中でなら、どんな奇抜な名前をつけてもいいのですが
もしも自分の子供につけるときはよくよく注意してください。
なぜならイケメン、美少女ならどんな名前だって似合うのです。
フィクションであれば、いくらでも美形に設定できますが、現実はちがいます。
そして現実はさらに年を経てゆくということも忘れてはいけない要素ですね。
若いときはいい名前でも、年をとってからいかがなものかという名前とかありますからね。

ということで自分の作品の登場人物に名前をつけてあげる際には
字面とか響きなんかも重要ですが、読者の抱くイメージについても考慮してみてくださいね。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-509.htmlk
関連記事

コメント

from 悠[ゆう]
今週のR25にて日昌さんのお名前を拝見しましたよー。

Re: タイトルなし

from UNO=日昌晶
> 今週のR25にて日昌さんのお名前を拝見しましたよー。

ありがとうございます!
ほんのちょっとでしたけどねw

Re: タイトルなし

from UNO=日昌晶
> 今週のR25にて日昌さんのお名前を拝見しましたよー。
ありがとうございます!
ほんのちょっとでしたけどねw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/509-4b4a754f

HOME
広告: