L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【韓流捏造】高岡の乱の猛威

先日、自局の利権から韓国偏重だったフジテレビの放送姿勢をツイッターで批判した高岡蒼甫が
所属プロダクションを解雇されたことにはじまった騒動はまだまだ収まらないようですね。
現在はネットユーザー(韓国風にいうとネチズン)が大挙してフジテレビにコマーシャルを出している
スポンサー企業に電話(電凸)して担当者を追求したり、不買運動を展開しているようですよ。
このような水面下での燎原の火のごとき拡大はネット時代ならではです。

しかし時代は変わったものです。
かつての電話攻撃といえば、在日韓国(朝鮮)人の専売特許でしたからね。
ちょっとでもテレビや新聞などマスメディアが韓国や北朝鮮に否定的な論調の報道をしたとたん
韓国民団や朝鮮総連によって組織化された電話部隊が朝から晩までクレームの電話をしまくって
テレビ局として日常業務が行えないようにしたり、社屋前で何日もデモをしたりと
「人種差別」を大義名分に圧力をかけていたんですね。
さらにデモやクレームを避けるために各テレビ局は在日雇用枠まで設けて優先的に入社させて
日本特有の事勿れ主義を守ってきたわけですが、日本人上司は日本人部下も在日部下も区別しないけど
在日上司はひたすら在日部下のみを評価して出世させるので、結果的に幹部に在日が増えてゆき
テレビ局の方針に大きな影響を及ぼしているなんて話も聞きますよね。

とはいえ、その風潮も北朝鮮のテポドン発射や拉致事件が事実として認められた結果、
それまでの本国主導の在日勢力による抗議活動は鳴りをひそめて、
ついには『嫌韓流』といった暴露本の刊行まで可能になったわけです。

そうなったときに在日勢力は従来のクレーム飽和攻撃から対マスメディア戦略を変更して
韓国系が主流の消費者金融企業や9割が北朝鮮系のパチンコ企業が大量にコマーシャルを出すことにより
傍若無人なクレーマーとしてではなく、気前のいいスポンサーとして世論を誘導しようとしたわけですが
これも消費者金融が法規制強化でCMを出せないくらい弱体化したりしていたところに
最近の韓流ドラマとK-POPによって盛りかえしてきていたところだったんですよね。

『冬のソナタ』のヒットで初期の頃は、かなり高騰していた韓流ドラマの放送権料も
韓国政府の国策としての積極的輸出政策によって政府が資金を出してでもドラマの放送権を安く抑えて
日本のテレビ局に提供するなどして巧みに日本市場にかなり食いこんできてます。
K-POPも利権の一部を日本のテレビ局に与えることで片棒を担がせたりと努力もしてたんですけどね。

ここに来て捏造と言われてもしかたがない作られたブームの真実が明らかになったいま、
もうこの国粋主義への道は後戻りはできないのかもしれません。
世界的な不景気を背景に民族主義やファシズムが台頭してくるのは世の常ですからね。
戦後日本の自虐史観教育からの揺り戻しから、その反動で激動するかもしれませんよ。
どんなに差別はいけないことだと言おうとも、欧米人は潜在的にユダヤやイスラムを下に見ているように
日本人が中国や朝鮮を下に見る性行はそうそう変えられません。

「グローバリズム」なんてスローガンを声高に叫ぶ必要があるのは現実がそうではないからです。
そして結局、グローバリズムなんてものはアメリカ方式による統一でしかなかったように
世界が均質に標準かされるなんていうのは夢のまた夢なのはノルウェーでのテロ事件でも明らかです。
世界平和はみんなが仲よくなることで達成できるのではなく、必要以上に交流しないことで保たれるのです。
つきあいが疎遠でお互いのことに無関心ならケンカなんて起きませんよ。
そろそろ気付いてもいい頃というか、偉い人はとっくに気付いているんだけれど
なにかと多額のカネが絡んでいるので、なかなか実行はできないんですよね。
できればイスラム諸国とは付き合いたくないが石油はほしいし、
商品価格を下げるためには低賃金で働いてくれる途上国とつきあわざるをえないわけです。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-522.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/522-1fef8ae5

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。