L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

モテラノベ第8の法則「オフ会は選ぼう」(その1)

気が向いたときにはじめるコーナーも8回目。観念的な法則から段々と具体的な法則になってきます。
今回は昨今の出会いの場の主流となっている「オフ会」の選び方について解説していきましょう。

ところで「合ハイ」って知ってますか? たぶん若い人は知らないでしょうね。
私も知らなかったのですが、名作ドラマ『ふぞろいの林檎たち』の1話か2話あたりに出てくるんですよ。
私は再放送を観て知ったわけですが本放送日の1883年当時にはまだあったらしいんですよね。
で、この「合ハイ」というのはですね、「合同ハイキング」の略です。
「合コン」みたいな感じで、男女でハイキングをして親睦を深めるという健全な男女の出会いなんですね。
こんな時代もあったわけですが、時代の潮流もあって、より手軽な「合コン」によって駆逐されてしまい
今では完全なる死後になってしまいましたよね。合掌。

さて、合ハイの後釜になったのが「合コン」です。最近の若者はあまりやりませんけど
バブル時代以降は大学生に社会人にやたらと繰り広げられてきた男女の出会いの場でした。
もちろん「合コン」は「合同コンパ」の略です。
そもそも「コンパ」というのは明治以降に学生寮の学生たちが集まってはお菓子や焼き芋なんかを食べながら
談笑して親睦を深めるという会合で、基本的には男子学生同士、あるいは女子学生同士で催す会でした。
それがいつしかお酒が必須となり、男女合同でコンパをやろうということになって「合同コンパ」なわけですよ。

余談ですが「バー」や「クラブ」といった飲食店のひとつに「コンパ」というのもあったんですよ。
こちらは1960年代に流行った業種でして、学生相手の安くお酒を提供するカウンターバー形式で
若くて格好いいバーテンダーをおいて若い女の子を呼びこみ、その女の子たち目当てに男の子も集まるという
男女の出会いも提供するスポットだったんですね。このコンパも今ではめっきり減ってしまいまして
現在、都内では知る人ぞ知る「江古田コンパ」くらいしか現存してないんですよ。

まあ、こんな合コンも時代によって下火になっていって、代わりに台頭してきたのがオフ会です。
初期はオンラインに対するオフラインということでマイコンマニアが直に顔を合わせる会だったのですが
SNSがすっかり日常に浸透してきた昨今においては、合コンに代わる出会いの場となっています。

ライトノベルにおいては、まだSNSのコミュニティでの話というのはまず見かけませんが
社会人にとってはライトノベルにおける「部活」や「クラス」「生徒会」に相当するのがコミュニティなのです。
ひとたびそこに所属してオフ会に出れば、そこには男女の出会いが待っています。

しかしオフ会にもいくつか種類があるんですね。大別すると3つでしょうか。
ひとつは完全に出会い目的のオフ会です。
趣味のコミュニティというかパーティー開催告知のためにコミュがあるみたいなタイプです。
参加者は100人とか200人とか、かなり大規模なものも多いですよね。
もうひとつは趣味のオフ会です。
こちらは同じ趣味の人同士が集まって親睦を深めつつも、あわよく彼女(彼氏)をゲットみたいなオフ会です。
そういうオフ会はナンパ禁止とか規則があったりしますが、出会いを妨げるものではありません。
あからさまなナンパ行為は禁止ですが、惹かれあって出逢ってしまったらしかたないのですから。
そして3つめのは完全に出会いのないオフ会です。
これは別に特殊なものではなくて、ただ純然たる現象として男だらけ、女だらけになっていて
出会い要素がないオフ会ですね。マニアックなコミュのオフ会とかはそうなりがちですよね。

そしてラノベ的にはどのオフ会に行くべきかと考えれば、当然のごとく2つめの趣味のオフ会一択でしょう。
それもできるだけハーレム状態になるくらいに女子率が高そうなオフ会です。
でも実際にはラノベのように1対多数はおろか圧倒的に女子率が高くなっても3つめのオフ会になってしまうので
目安としては男:女=6:4ないし7:3くらいがベストなんじゃないでしょうかね。

で、ラノベの主人公少年的にモテたいあなたがやるべきことは、このようなオフ会のあるコミュを探して
まずは飛びこんでいって参加してみることからはじまります。
あなたはラノベ主人公のように女子のいる居心地のいい場所を確保してますか?

どのコミュがいいかなんて私に訊かないでくださいね。そんな都合のいいコミュは私が知りたいくらいです。
それに大前提として、いくらオフ会での男女比などの条件がよくても、あくまで趣味のオフ会ですから
そこがあなたと一致していなければ成功は望めません。
もしあなたが男性しか興味のない趣味しかなかったのなら潔く諦めるか、新しい趣味を見つけてください。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-535.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/535-d9fdd2ff

HOME
広告: