L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きたいものを書けばいい

執筆で行き詰まってしまっている人へアドバイスするなら「書きたいものを書けばいい」と言います。

もしも書きたいものがない、あるいは見つからないのであれば執筆する前段階です。
なにが書きたいのか自分自身で見つけてください。

書きたいものがあるなら、それを書くべきです。
読者が望むものを書こうとか、売れるものを書こうとしてはいけません。
なぜなら、よほどのベテランでもない限り、あざといことをやっても読者に見透かされるだけです。
ならば初志貫徹して書きたいものを書きあげたほうが成功のチャンスが多いのです。

ただし書きたいものを書いてもいいのですが、それだけでは不十分なんですね。
書きたいものを書くのならば、その演出は読者にたのしんでもらえるようにしましょう。
あなたの書きたいもの、おもしろいと考えているものを読者にわかってもらうよう努力をしてください。

たいていの場合、書きたいものがしっかり決まっている人、わかっている人は
どう演出すれば読者にわかってもらえるかよくわかっているものです。
もしも、どうやって演出していいのかわからない人は、残念ですが書きたいものがあやふやか
創作スキルの基礎がまだ十分に整っていないかのどちらかです。

あなたはなにを書こうとしていますか?
そのとき、どう演出すればいいのか理解していますか?

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-549.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/549-fdfe7f8b

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。