L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果のでない2つのタイプ

なかなか思うとおりに結果のでない人には2つのタイプがあります。
小説創作においては「原稿が書けない人」と「原稿は書けるけど残念な人」です。

原稿が書けない人というのは、基本的には考えすぎてしまう人です。
また完璧主義で見切り発車に抵抗がある人が多いようです。

原稿は書けるけど残念な人というのは、反対に考えなさすぎる人です。
だからいくら書いても小説として破綻していたり、つまらなかったりします。

あなたもどちらかのタイプに分類されるのではないでしょうか?

もし原稿が書けない人は、まず短編や掌篇を書いて原稿を書くクセをつけましょう。
クセをつけることによって原稿が書きやすくなります。

原稿は書けるけど残念な人は、症状的には書けない人よりも
ずっと軽症なのですが治すのが非常に難しいんですね。
「よく考えて書け」とアドバイスするのは簡単ですが、
どう考えればいいのかは個人差があるため、こうしろとは断言しきれないのです。
そして指導できなければ、結局は方向性を誤ったまま、また突き進んでしまいかねないのですね。
私が主宰しているオフなどに参加してもらうなどして個別対応しないと
ブログ記事で不特定多数に指導することはできないわけです。

今週末の日曜日には毎月のmixiオフもありますので、興味のある方はぜひ参加してみてください。
今月のオフは参加者は少ないので、かなりみっちり個別指導することができるので
この機会を利用していただければと思っています。

9/25(日)9月ライトノベルオフ【投稿作品クリニック】

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-557.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/558-a9c6af9c

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。