L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

中二病とゾンビの微妙な関係(その1)

前回の適当な流れで大庭可南が書いていこうという作品のコンセプトは「ゾンビ」と決まったようですが
本人はロメロ監督の存在さえ知らないゾンビ初心者だったことが発覚!
はたして厨ラノは「ラノベで日本を征服」できるのでしょうか?

日昌「ということで、ゾンビものを書こうということになったわけだけど、どうなの?」
可南「どうなのと言われても……はい、なにもわかりませんよ」
日昌「まあ、なんとかオブ・ザ・デッドとかゾンビ映画が量産されてるけど観たことある?
   ゲームも多いよね。『バイオハザード』シリーズとかいろいろあるけど」
可南「う~ん、タイトルはわからないですけど、何本かは観たと思います」
日昌「で、どう思った?」
可南「ああ、ホラーだなって」
日昌「…………。怖かった?」
可南「怖いというか、普通のホラーよりは怖くなかったような」
日昌「正当派のゾンビものというのは終末世界をどう生き延びるかというサバイバルなサスペンスだからね」
可南「なるほど」

日昌「で、ライトノベルやマンガでもゾンビものっていくつかあるわけだけどね」
可南「そうなんですか?」
日昌「マンガだと『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』っていうアニメ化した作品もあるし
   ライトノベルだとやっぱりアニメ化した『これはゾンビですか?』とかいろいろあるわけですよ」
可南「結構あるもんなんですね」
日昌「ただライトノベルというのはキャラ重視なわけで、ゾンビの蔓延する世界観というよりは
   死んで甦ったキャラみたいな感じで扱われることが多いみたいなんだけどね」
可南「ほほう、それはゾンビであっても”ゾンビもの”ではないんじゃないですか?」
日昌「そう、そうなんだよね。ライトノベルで正当派作品はたしか1作はあったはずだけど題名を忘れました」
可南「なんだか奥が深いんですね。なんだか不安になってきたんですけど」
日昌「きみがよく考えずに決めたんだからしかたない。イヤなら別のコンセプトを見つけてね」
可南「とりあえずゾンビでがんばります……たぶん」

日昌「そうそうアメコミに『LENORE』っていうゾンビ少女の不条理ギャグマンガがあったな」
可南「なんです、それ?」
日昌「何年か前にアメコミの研究にハマっていたときに参考資料で買ったんだけど
   結局ぱらぱらとしか読んでなくてね。たしかフラッシュアニメみたいになってたから
   探せばネット上に転がってるかも。全部、英語だけど台詞がわからなくてもだいたいわかると思うよ」
可南「そんなのもあるんですか?」
日昌「あるんだよねー。アメリカ人はとにかく男の子はゾンビ好き、女の子はヴァンパイア好きだからw」
   なんせスパイダーマンやXメンのアメコミヒーローがゾンビになって人々を襲いだすとかいう
   トンデモ設定のアメコミが同人誌ではなく正規ものとしてシリーズ化されてるくらいだし」

※後日、検索したら『LENORE』Youtubeで視聴できるようです。

日昌「そうそう、ゾンビじゃないけど江戸川乱歩作品の屍体愛好(ネクロフィリア)も相当なもので
   『虫』という短編もなかなかだから、参考までに読んでみるといいかもしれないね」
可南「なんだか気持ちが悪くなってきたような」
日昌「ゾンビなんて不快感そのものだから。で、それをライトノベルとどうマッチングさせるかが
   成功の鍵になるんじゃないだろうかというわけだよ」
可南「なるほど! それができれば野望にまた一歩近づけるわけですね」
日昌「きょうもまた一歩、野望に近づいてしまったな!」

ということで大庭可南はゾンビものを理解するために、いろいろ資料を当たってみるそうです。
さてさて、資料を読み解いて、そこからどんなアイデアがだせるかが勝負となります。
次回は大庭可南さんのお手並みを拝見したいと思います。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-572.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/572-ba7763a9

HOME
広告: