L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回日昌晶掌篇文学賞 8月期選考結果発表

もう11月だというのに選考が遅れに遅れてすみませんでした。
今週中に8、9、10月の結果発表を行いたいと思いますが、だが、しかし!
8月の結果は不本意ながら、残念な結果となってしまった……。

【金賞(8月期月間賞)】

該当作なし


【銀賞】

該当作なし


【佳作】
『シーブ・イッサヒル・アメル』摩璃唖
『屍売り』ドン・ルイス
(以上2作品、投稿順)

『シーブ・イッサヒル・アメル』は、いかにもなファンタジー的なお話で雰囲気がよかったです。
あとはもう少し心理描写に力をいれてもらえると、その上を狙えたのではないかと思います。

『屍売り』は、着想は期待させるものが多かったのですが、いかんせん読者に伝わりにくかったですね。
文章量的に複雑な設定などは書ききれないので、イメージ先行の展開に陥らずに
もう少し読者にわかりやすくストレートに書くとよかったですね。
もっと

《総評》
金賞、銀賞なしというのは今回が初なので、佳作を繰り上げてもよかったのですが
それは他の月との公正な選考基準に反するので、心を鬼にして受賞なしとさせてもらいました。
佳作にも惜しいところで手の届かないところがあり、佳作に漏れた作品にも惜しい作品が多かったですが
いまひとつ全体的にメリハリがないというか、短いながらまとまりがついていない作品が多かったですね。
それと毎月やっていて、応募作もかなりの作品数にのぼったため、ステレオタイプ的なかぶってきました。
これからはアイデアだけでなく、先人たちとの知恵比べになってくるということで
さらに苦しくなるとは思いますが、今後ともがんばってください。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-595.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/595-d2b3fb50

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。