L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

日本史をゲームで学ぶ雑誌を知ってますか?

今もいるかどうか定かではありませんが、ちょっと前に「レキ女」なんてのがモテはやされましたね。
今日も帰りがけに駅で戦国時代を舞台にしたゲーム『戦国BASARA』の広告ボードにある
QRコードを一生懸命に携帯電話にとりこんでいる若い女性3人組みを見かけましたので
まだまだ歴史ブームというか、少なくとも歴史キャラブームは続いているのではないでしょうか。

しかし読者諸氏には時代考証をまったく無視した『戦国BASARA』など認めんっ!という人もいるでしょう。
そんなあなたにお薦めしたいのが、日本の歴史をテーマにしたウォーゲームを附録にしている雑誌、
その名も『ウォーゲーム日本史』と、そのまんまなタイトルの季刊雑誌です。

よくこんなマニアックな雑誌が続いているなと思うほどニッチなジャンルですよね。
隔月誌『コマンドマガジン』の姉妹誌として、すでに第11号まで刊行されています。
本家『コマンドマガジン』はウォーゲームの本流である第二次世界大戦前後を主な題材にしてますが
こちらは日本史限定ということで、年代の範囲も結構幅広いですね。

創刊号が京都の市街図を舞台に新撰組と勤王の志士たちが活躍する『新選組始末記 ~鴨川血風録~』にはじまり
第2号以降が戦国時代、関ヶ原、忠臣蔵、川中島、函館戦争、長篠、幕末、戦国時代、源平と続き、
最新号の11号は桶狭間以前、若き織田信長が終わりを統一するまでをゲーム化した『信長軍記』となっています。
12月発売の12号はNHK大河ドラマに連動してか平清盛の保元平治の乱、13号は西南戦争だそうです。

現段階でも時代的には平安時代から明治時代までと幅も広いわけですが、ゲームの内容としても多彩で
新撰組や忠臣蔵といったゲームは人物ひとりひとりを動かしてプレーする戦術級ゲームあり
広域日本地図をマップにして数千人からなる部隊を1つの駒として扱う戦略ゲームあり
さらには資源開発や農地改革など領国の統治に重点を置いた経済ゲームなんかも見られます。

なんといっても、この手の書籍は入手が難しいのが多いのですが、
amazonで普通に購入できてしまうのもメリットでしょう。



ウォーシミュレーションゲームは、ドイツゲームなどのカジュアルな他のアナログゲームと較べると
実際の戦争をリアルに再現しようとしてルールが煩雑でとっつきにくくなってしまったものが多いのですが
このウォーゲーム日本史のゲームは、10分間くらいでルールが把握できるくらいに
初心者向けにできているので、ライトノベルに登場させる戦争の構想をゲームで遊びながら考えてみるのも
なかなかおもしろくて、ためになると思いますよ。
特に戦争は両軍が真正面から全力でぶつかり合うことしかイメージできない人にはうってつけでしょう。

敵の後背を突くにはどうすればいいのかとか、敵国を攻め落とすのにどれだけの兵力と物資を投入すべきか
ただ資料を読むだけではなく、自分で試行錯誤できるので創作意欲も湧くというものです。
アナログゲームなのでプレイヤーは2人以上必要ですが、研究なら1人でソロプレーもいいでしょうね。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-599.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/599-5ab77aa4

HOME
広告: