L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

キャラの描写が苦手なら


人物表現辞典 (中村明編 筑摩書房)

 キャラクターの容姿を描写するのに困ったことがある人にはおすすめの辞典です。150人の近現代作家の500作品から容姿を描写した9500以上の用例を集めた本で、辞典というよりデータベース化された膨大な用例集ですね。頭のてっぺんから爪先まで身体に関わる全てが詳細に分類されているので、知りたい部位の表現例を探すのは簡単です。

 さすがに文豪とよばれた作家陣の用例ですから、ライトノベルでよく使われる「腰までとどく長い金髪に蒼い瞳をした~」のような単純に羅列しただけの容姿描写ではありません。そうか、こんな描写の仕方があったのか! と目から鱗の表現が多々掲載されていています。ただし明治から昭和にかけての作品ですから、髪型では「丸髷」や「桃割」といった古風な表現が頻出しますが、時代に関係ない目や口といった部位の表現は充分実用的です。

 とても便利な人物表現辞典なわけですが、注意してほしいのは初心者向きではないということです。ほとんど作品を書いたことがないような人が持っていても使いこなせないでしょう。少なくとも中級者以上の人向けですね。それから大半のライトノベル作家並みの文章力があればいいやという人にもおすすめできません。いや、むしろ絶対に買わないでください。お金のムダです! これはあくまでワンランク上の文章を身につけたい人だけが読むべき本です。

 また国語辞典のように調べたいときに探す辞書的な使い方だけでなく、日頃から気になる項目を拾い読みでいいので、ざっと目を通していると確実に描写力は向上しますよ! ただし隅から隅まで精読しようとすると必ず途中で挫折するのでやめましょう。(経験者談)

 具体的に大項目だけを列挙すると――頭、髪、こめかみ、額、眉間、眉、瞼、睫、瞳、目、目元、目尻、耳、鼻、頬、唇、舌、歯、口、顎、顔、表情、喉、項、首、肩、腕、手、指、爪、背中、腋、乳房、胸、腹、腰、尻、性器、胴、脚、足、ひげ、肌、皺、斑・皰、体つき、姿、匂、声、口調、総合、印象、動作、性格、感覚――と55項目に分類され、これがさらに最大45もの小項目に細分化されているわけなんですね。これだけでもこの辞典のすごさがわかると思います。これこそが小説家のための辞典という一冊です。 <UNO

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/6-50589c63

HOME
広告: