L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子読者は女の子と何がしたいのか?

結局のところ、少年向けライトノベルのメインストリームはボーイ・ミーツ・ガールなわけで
極論してしまえば、どんな少年がどんな少女となにをするかという話なわけです。

で、登場人物の主人公少年はたいてい読者の分身あるいは理想像の二択であり
最近の流れでは前者の分身キャラが多いですよね。つまりサエない不器用な少年です。
これはもはや定番であり、作者が工夫する余地は少ないので、あとはヒロインと何をするか、
ここが重要になってくるというのは、改めて言うまでもないことだとは思います。

ヒロインはツンデレをはじめ多種多様なタイプが存在しているわけですが
今回、注目してもらいたいのは、少年が少女となにをするかについて考えてみましょうか。

そして若い男なんてものは、考えることはひとつです。エロですね。究極的にはセックスです。
しかるに一般ライトノベルでは、そこまで達してしまうわけにはいかないので、
その手前のステップを書かないといけないのがお決まりですね。つづきはエロ同人誌で。

ところが、ここで問題なのは過去の遺産があまりにも使えなくなっていることです。
古いラブコメなんかを見てみるとですね、映画を観に行ったり、ライブに行ったり
シーズンになれば、やれ海水浴だ、スキーだという展開になるわけですが
最近の読者のニーズとは、どうも一致してないというか、上記のようなことをリア充と称して
忌避しようとする読者層がかなり多いんですね。イソップ童話の『キツネとぶどう』でしょうが。

で、彼らは今までの男女交際のセオリー的なことに無関心というか興味が薄いのです。
いざ、本物の女の子とデートすることになれば、どうかはわかりませんが、
少なくとも物語の中でまで普通にデートしたりすることをあまり望んでいません。
もしかしたら女性とどういうふうに接したらいいのか、そのあたりから想像できない
そんな草食系男子の読者がかなりいるようなんですよね。ただ性欲は一人前なのですが。

そんな複雑な男子読者の要求に応えられるヒロインを提供するのが作者のお仕事になるわけです。
男性読者は架空のヒロインとどんなことがしたいのか?
つきつめれば、彼らの青春を満喫させるにはどうすればいいかなんですね。

ここで模範解答を示してしまうと、おもしろくないので、まずは自分で考えてみてください。
女性読者の場合は、男女の性別を交換して読んでみてもらえれば、ほぼ一致するでしょう。

あなたにとって青春とはなんですか? そして読者の望む青春とはなんでしょう?

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-601.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/601-2102783f

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。