L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

ぶよぶよストーリーから、メリハリストーリーをめざせ!!

なんかダイエット特集のようなタイトルですが、これが今回のオフの講義テーマなんです。

前半は通常通りUNOこと日昌晶の、そして後半は特別講師の滝本竜彦先生の講義となりまして
こちらは前半のUNO講義のテーマとなっています。

毎月の講義テーマはトピの質問やskypeでの個別指導での反応や経験を基に決めているわけですが
ここ半年ばかりはストーリー以前のキャラや世界観といった個々を集中的に解説していきながら
ワークショップで実践練習もやってきましたので、今回は小説作品を俯瞰して眺めるように
作品全体の流れを通してみたときの「演出」と「構成」について解説と実践練習をやっていきます!

よくオフの交流会で参加者のプロットそ講評してあげたりしていると
「こういう主人公設定で、こういう舞台設定なら、こういう展開とかシーンになるよね」
などと考えられうるシーンやエピソードのアイデアをいくつかポンポンと提案してみると
参加者は決まってどうしてそんなことがわかるのかと不思議がられるんですね。

まあ、場数を踏めば、こういったストーリーパターン的なものがわかってくわけですが
どうも、まだまだ演出と構成の基本パターンを把握していない人が多いようです。
キャラ設定も世界観も設定も決まったうえで、その次のステップとして
ぐだぐだになりがちなストーリーラインや各シーン構成をぎゅっとスリムアップさせることで
その設定を最大限に活かして魅力的にするための秘訣をぜひ身につけて帰ってくださいね!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/61-5a26d5aa

HOME
広告: