L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

番外編:童貞だっていいじゃないか

いつも思いだしたように連載されるコーナー「モテラノベ」です。
今回はモテる法則ではなくて番外編ということで書いていきましょう。

大前提として世は草食男子化時代に突入しまして、もはや童貞なんて珍しいことではなくなりました。
かつては童貞であるからとコンプレックスを抱く人も多かったのですが
昨今では童貞であることを恥ずかしがることなく自ら公言する人も多くなってきました。

各種の統計データを私なりに見てみると、だいたい10代後半から30代くらいまでの未婚男性のうち
半数近い人は童貞なのですから、なにも驚くには値しないことなのです。
既婚者を含めたとしても4人から5人に1人は、ふつうに童貞なのです。
社会的に見れば、交際経験が豊富な層とまったくない層に二極化したといえるでしょう。
格差社会といえば格差社会なのですが、見た目にはわかりませんし
かつての風潮や趣向とは異なってきまして、もはや男女交際以上に重要度の高い趣味など
興味の範囲が多様化することによって、性愛の占める重要度が低くなったともいえます。

また、かつては遊郭などリアルな性風俗産業のみしかなかった時代に較べて現代は二次元をはじめ
アンリアル、バーチャルな性風俗産業が手軽かつ無料あるいは安価に手にはいる時代なのです。
昔はなにかと不便な時代だったのをご存じですか?
江戸時代、高級娼婦である花魁(おいらん)で性欲を満たそうとするなら
高いお金を払っても初回は見るだけ、2回目にはお茶一杯、3回目に少し話せて
それから4回目以降に花魁自身がOKをだせば、ようやく同衾というシステムだったわけです。
もちろん見るだけでも1回は1回ですから、最高クラスなら座敷に呼ぶのに10両はかかります。
当時の貨幣価値は1両=10万円くらいとすれば、ベッドインするまで400万円以上かかります。
それ以降も1回10万円かというと、そういうわけにもいかず幇間(たいこもち)やら三味線芸者など
お付きの人や周りの人にもお金を配るので数十両がかかったといいます。
ただし夜鷹や飯盛り女など下級娼婦なら数千円で遊べたそうですし、農村には夜這いの風習がありましたけどね。

そうそう、いま流行りの男の娘(おとこのこ)ですが、当時は色子(いろこ)と呼ばれていまして
今の神田駅のあるあたりには色子専門の遊郭「陰間茶屋」がたくさんあったそうです。
あのエレキテルで有名な平賀源内は当時は発明家としてより男色家として有名でしたので
男の娘専門風俗ガイドブック『男色細見』なんてのも発行していたのは知る人ぞ知る同人活動です。
もちろん色子には若い歌舞伎役者も含まれていましたので、お金のある大店の奥様もまた
今でいうところのジャ○ーズのイケメンをはべらせるために通い詰めることもあったとか。

閑話休題。そんなこんなで時代は大きく移り変わったわけです。
今と昔はまったくちがうわけですから昔の常識にとらわれることもありません。
だから昔の童貞と今の童貞はまったくもって意味がちがってきます。
世の独身男性の半分は童貞であり、だいたい25歳の時点で童貞だった場合、
9割以上が生涯にわたって最期まで童貞のまま過ごすことになるそうです。
(脱童貞した1割の8割がソープによる卒業であり、恋愛による卒業は全体の3%以下とか)
30歳まで童貞だったら魔法が使えるのだったら、この世は魔法使いだらけになってしまいますよ。
そんなことはないのです。あくまで普通の人です。少数派ですらないのです。

ですので、あえてモテたい、女の子とイチャイチャしたいんだという人だけが
そのための努力をすればいいだけのことなんですね。
マラソンがしたい人は、そのための練習や努力をする必要がありますが
鉄道模型が趣味の人が同じ練習や努力をする必要はまったくありません。
それよりももっと他にすることがあるはずなのです。

モテラノベのコーナーでは、そんな世相と逆行してモテたいという奇特な人
今どきアマチュア無線をやりたいという人並みにレアな人たちを応援するニッチなコーナーなのです。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-611.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/611-95a0fdc2

HOME
広告: