L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モテラノベ第11の法則 やさしくあれ

だいたい女性にアンケートをとると、相手の男性に望むことの第1位は「やさしさ」なのが定番です。
しかし世の多くの非モテ男性は「そんなの建前だ」「ただしイケメンに限るんだろ」と反論します。

ライトノベルの主人公を見てみると、それはも「やさしい」人たちばかりですよね。
逆境に生きていたり、過去に暗い過去を背負っていても、その本質はやさしさの塊です。
そんなやさしい人がモテないわけがないのです。そう、本当にやさしい人はモテます。これは真実です。
イケメンもフツメンも関係ありません。ときとしてブサメンやキモメンだって大丈夫なのです。
やさしささえあれば、二階級特進ランクアップまちがいなしなんです。
イケメン、フツメン、ブサメン、キモメンと4つの階級があるとするなら、
最下層のキモメンだって、やさしいだけで2ランクアップでフツメン待遇になれるのです、体感的に。

しかし世の男性の多くはやさしさをはきちがえているんですね。女性も同じですが。
本多透著『電波男』でも「オタクは相手をやさしいから他の人を傷つけない」というふうに書いていましたが
実際のところ、それは見方がまちがっていると指摘せざるをえません。

日昌晶の見解では「やさしい」から「人を傷つけない」のではなく
「自分が傷つきたくない」から「やさしい」素振りを見せているだけなのです。
ありていに言ってしまえば「保身」ですよ。
「人を傷つけない」のは「やさしい」からではなく「ことなかれ主義」なだけです。
だからこそ匿名掲示板では保身の必要がなくなるのでカゲキになりやすいですよね。
そこに気付かないからこそ、モテない人はまったくモテないのですね。

よく不良っぽい男が雨にうたれている捨て猫を拾っているシーンなんかを見て
少女漫画のヒロインがキュンとしてしまうのを、オタク男たちよくバカにします。
あんなのは見せかけだけ、きまぐれなだけで、やつの本質は悪のDQNなのだ。騙される女はバカだと。
しかし、本当にそうでしょうか?
その不良は猫にたいして「保身」で助けの手を差し伸べているわけではありませんよね。
少なくとも、そのときだけは猫にたいしては無私の心で助けているのです。
ここが保身からくる「やさしさモドキ」とのちがいであり、ヒロインがハマってしまうかどうかのちがいです。

たいてい自称やさしいという非モテは、自分なんかが女の子に誘ったり、話しかけたりしたら
迷惑だろうと思ってしまう「やさしさ」があるから、行動にでないのだといいわけをします。
しかし本音は断られたり、拒絶されるのが怖いだけのことですよね。
下手したら、さらし者にされて大勢の人に笑われるかもしれないと思えば、なおさらです。
だれだって、そんなこと避けたいと思うのは当たり前です。
でも、それって真実のやさしさですか?

ラノベの主人公少年たちの言動を見てください。
彼らは人に笑われるからとか、変に思われるからとかいって正義や信念を曲げて
へらへらと笑って、その場を穏便にことをすませようとするでしょうか?
特に交際しているわけでもなく、普段は自分をバカにしているようなヒロインが困っているときに
はたしてどんな行動をとるでしょうかね? ……自ずと答えはわかったと思います。

DQNといってバカにされるような人たちは、ワルぶっているので権威にたいしてつっぱります。
だから女の子は、いざというときに世間体とか権威に逆らってでも自分を守ってくれそう――
そんな幻想をイメージさせてくれるからこそ、悠久の昔から「不良男子」はモテてきたのです。
少なくとも自分が小突かれたり殴られたりしても、へらへら笑ってその場をやりすごそうとしている人が
自分が困っているときに助けてもらえるとは思えませんよ。だからオタクはモテないのです。

女子のいう「やさしさ」とは自己を犠牲にしてでも自分を庇ってくれる、あるいは助けてくれるという
意味合いを含むものであって、「怒らない」とか「非暴力主義」とかとは別次元の問題です。
ここをかんちがいして、自分はやさしいのに、なんでモテないんだと憤る人が多いわけです。
だから、それは「やさしい」わけじゃないんですよ。そう、やさしい人なんてそうそういないのです。
常にモテる条件の第1位に燦然と輝いているのには理由があるのです。

あなたは本当にやさしい人ですか?
それとも単なる自己保身のことなかれ主義者ですか?

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-616.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/616-dea74e8a

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。