L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

ありきたりだけど継続は力なり

学校の先生に一度は言われたであろう格言。

「継続は力なり」

言われなくたって、わかっているけど、なかなか実践できないことのひとつですね。
しかし、この効果を認めないわけにはいきません。

私自身のことひとつとっても、ライトノベル作家志望コミュでオフ会を2年ほどやってきたことで
最初はカラオケボックスで20人で始まったものが、今では会議室を貸し切って60人近い参加者が来てくれるし
有名なプロ作家さんや現役編集者さんにも講義がしてもらえるような環境にまでなりました。
このブログやコミュ内容を基にした書籍も秀和システムさんから3冊も出版できましたし、
新刊小説についても、やはりPHP研究所の編集者さんとオフで知りあって実現できたことです。
それもこれも定期的に継続したことで手にいれることのできた信用のおかげだと思っています。

尊敬するセス・ゴーディン氏の説では、人生の行く手に立ち塞がるものが2つあるそうです。
ひとつは「運命の谷」であり、もうひとつは「行き止まり」であると。
運命の谷は苦労しても前進し続ければ、いつかは抜けることができます。
行き止まりは、前進はままならず、労力と時間と浪費することになります。

人生で成功するには「行ける!」と思ったら、とにかく少しでも前進し続けることが必要です。
反対に「見込みがない」と判断したら即刻撤退して、別ルートを探す潔さも重要となります。

さて、あなたは今まで人生の中では必死に継続してきたことがありますか?
そして必死に頑張っても見込みがなかったら潔く諦めて、すぐに別路線で最スタートできましたか?
大半の人は、ちょっとつまずいただけで運命の谷まで辿りつく前に引き返してしまっていることでしょう。
とにかく「運命の谷」か「行き止まり」のどちらかを見えてくるるまで、ひたすら頑張ってみてください!

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/63-b957acd6

HOME
広告: