L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

新年からクトゥルフ

あけまして、おめでとうございます。
新年一発目のブログ記事はいきなりクトゥルフ関連です。

クトゥルフ神話、あるいはクトゥルー神話とも呼ばれるものを知っているでしょうか?
20世紀初頭の小説家H.P.ラヴクラフトによって創造された架空の神話であり、
作中で語られる宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)の核心となるものです。

ただしラヴクラフト本人によって「クトゥルフ神話」として体系づけられることはなく
彼の友人であったオーガスト・ダーレスによって体系化され、またラヴクラフトの死後にも
クトゥルフ神話を共有する作品群を多くの作家が継承されることになったのでした。

ということで、日昌晶自身はやはり元祖的なラヴクラフト作品に魅了されるんですね。
中でも代表的な作品といえば『クトゥルフの呼び声』『インスマウスの影』『ダンウィッチの怪』の3作です。
とはいえ邦訳タイトルも、まちまちで『クトゥルーの呼び声』『インスマスを覆う影』『ダニッチの怪』など
微妙に異なっていたりもするので、一連の作品を探すのも面倒だったりするんですよね。
まあ、この作品を予備知識なしに一読しただけでは、なんかよくわからない、どこがホラーなのか
あるいはSFなのかもよくわからない三文小説としか思えないわけです。
よくいえば幻想小説、悪く言えば妄想小説といったところでしょうか。

しかし、そんな一見するとB級小説でしかない作品が、世界中で多くの者を魅了し
今もなおクトゥルフ神話を題材に、あるいはモチーフに新作が作り続けられているということは
単なる一個人の妄想ではないなにかがあったと考えるほうが自然と思うわけです。

そう、そしてラヴクラフト作品の多くは、宇宙的恐怖を垣間見た者が残した者たちや
その者たちが死を前に遺した記録を読んでしまった者たちをも狂気へと駆り立てるのが定番なように
なんでもない短編小説の奥底には狂気を湛えているのではないかと思うのです。
しかし後にダーレス以降の定番になるように単純に怪物たちが登場する物語には
そこまでの狂気はないように思えるわけで、とりわけラヴクラフトの作品にはそれがあるようなのです。

私がそんなラヴクラフトが書き残した狂気に気付いたのは、それほど昔ではありませんでした。
そう、彼の描く恐怖の一端を実体験として目の当たりにしたのだと気付いたとき、
私のなかで日常の中に澱んだ狂気が実体化したのです。

長くなりました。つづきは明日にでも。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-630.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/630-5ef00a84

HOME
広告: