L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

原稿ゼロ枚日記を終えて

今回の原稿ゼロ枚日記を終えた総括をしておきたいと思います。

そうですね、だいたい1日に書いていた原稿料は原稿用紙換算で10~15枚でした。
このくらいの文章量なら私の場合、毎日でもあまり苦にならないレベルでした。

ただ時間があれば、それだけ多く書けるというわけでもありませんでした。
やはり普段の生活や仕事なんかもあるので、そう多く時間をとれないのですが
かといって休日だからといって一日中、原稿を書いていられるかというと経験上無理です。
褒められたことではないですが、ずっと原稿を書き続けられるのは締切のときくらいですね。

あと、もっとも重要なことはコンスタンスに原稿を書くためには段取りが必要です。
つまりプロットですね。どこまでプロットを煮つめているかでスピードがちがってきます。
書くことがしっかり決まっているだけの状態で原稿を書いてゆくのと
途中途中で考えながら原稿を書いてゆくのとでは格段の差があります。
原稿が早い人というのは、たいていプロットがしっかりしているんですね。

原稿執筆は人それぞれですが、これが参考になればと思います。

Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-660.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/660-fa112a97

HOME
広告: