L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

著者校の赤入れ

原稿ゼロ枚日記で書いていた原稿の著者校正にはいりました。

ページ数で70枚強なのでそんなに原稿量はないので2日で終わらせます。

著者校正というのは、編集側のプロの校正さんが校正したあとで
作者自らがチェックを兼ねながら微調整してゆく作業です。
基本的にはゲラ刷りに対して赤鉛筆や赤ペンで作業していきます。

出版社によっていろいろとやり方もありまして、
大手出版社でも要求しないと著者校がないとかありますし
予算的にプロの校正さんを使わず編集さん自らが校正していたり、
特に校正もしないまま著者校に回したりするところもあるようですね。

私の場合は誤字脱字のチェックをしつつ、読み通して言いまわしが滑らかになるように
語尾を変えたり、冗長な言いまわしをカットするように最終調整しています。
これだけ何人もの目で誤字をチェックしても、いざ仕上がった本を見ると見つけてしまうんですよね……

<Chechttp://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-667.htmlk
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/667-034f80f3

HOME
広告: