L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

欲張りすぎないでランチェスター戦略

ことわざに曰く「二兎追う者は一兎をも得ず」は誰でも知っています。

なのに、とかく小説では、なんでもかんでも一作品に詰めこんでしまおうとする人もいれば
男性向けも女性向け問わず、どんなジャンルの作品を書いてみたいなんて人もいるわけですね。
はっきり言ってダメダメです!

なぜダメなのか?
まあ、ことわざの通り欲張りすぎると、いろいろ多方面に食指を伸ばしたものの
本人の能力が追いつかなくなってしまい、結局はどれも中途半端になってしまうからですね。
補給線を考えずに、あっちもこっちも戦線を拡大してしまう愚は大日本帝国だけに限らず
どこの国でも有能や政治家や官僚が指導しつつも一度はやらかしている失策なわけですから
国家からして「わかっちゃいるけどやめられない」ことを一個人が簡単にやめられるはずもありません。
でも、絶対にやっちゃダメです!

基本は”ランチェスターの法則”にあるとおり一点集中、一点突破です。
孫子の兵法にもまったく同じことが書かれています。
ランチェスターの法則や孫子がわからない人は図書館に行くかWikipediaで検索してくださいw

要は自分の持てるリソースを最大限に活かすために、的は絞りましょうということです。
そして的を絞るためには、自分の長所と短所をよく理解して、
自分の得意とするところを伸ばすようにしなくてはいけません。
これも孫子に書いてありましたよね――「彼を知り己を知らば、百戦して危うからず」と。
この場合の彼(敵)というのは、読者(特に新人賞なら選考委員)ということになります。

自分が目指す路線はどこにあるのか、しっかりと見定めて、あれもこれもと欲張らることなく
これぞという自信のある一点に集中した作品を書いてください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/67-a07048cc

HOME
広告: