L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ的生活

ライトノベルを書くとき、あなたはどうやって作品の元ネタを生みだしていますか?

多くの場合、3つの方法があります。

1つめは自分の実体験を基にした私小説的な作り方

2つめは自分の実現しえない願望や妄想を形にした妄想的な作り方

3つめは他作品から影響を受けて作るインスパイアな作り方

普通はこの3つの要素の全てを持っていると思いますが、どれが最も大きいかによって特色がちがってきます。

私小説的な作り方の比重が高ければリアリティやインパクトが増すでしょうし、
妄想的な作り方が大きければ、読者への訴求力が高まるでしょう。
ただし他作品からのインスパイアな作り方があまりに強すぎるとオリジナリティに欠けてしまい
流行の方向性だけど特色のない作品になりがちです。

おすすめは1つめと2つめのバランス型ですね。
体験を土台に妄想の塔を築くような作品はとっても魅力的に見えると思いますよ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/684-984d2866

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。