L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と知らない植物の名前

きのうはオークにまつわる話を書きましたが、これに関連してひとつ。

作家志望の男性諸君に特に言えるのではないかと思うのが、植物のことについてあまり知らないのでは?
たいていの動物のことについては知っていても、身近な植物でも……

花屋さんや民家の庭先見かける花の名前がわかりますか?
森や公園に生えている樹木、山や土手に生えている野草の名前を言えますか?

実は結構、知らないんじゃないかと思うわけです。
かくいう私もあまり詳しくないなということに気付いたのも、そんなに昔じゃないですしね。
だいたい普通の男子だと花の名前や木の名前なんて、そうそう興味があるわけじゃないから
目に見えていても、目にとまらないから名前を知らなくても気にならないんですよね。

とはいえ、作品の中ではまったく無視していいというものでもないでしょう。
まあ、たしかに最近のライトノベルでも作家がそういうところにまで目がいっていないことも多いので
作中の文章でそういった植物が描写されることさえ稀ですよね。
しかし情景や季節感をだすには必要だし、この手のこまやかな情景描写は情緒豊かになります。

知っていて損はないし、作家としてではなくても暮らしてゆくのにも心が豊かになります。
そしてプロの作家でもできていないことを、やれてしまうとそれこそあなたの武器になるのです!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/698-92d5ae3d

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。