L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

他人の心を描くことこそキャラ作りのはじまり

人間心理とは一筋縄ではいかないものです。

しかし小説を書く際には、登場人物が必須です。
しかも、その登場人物はあなた自身ではありません。
もしもあなたをそのまま投影したキャラクターを使用することもあるでしょうが
一般的に小説というのは複数の登場人物が登場しますから、あなた以外の人物も必要になります。

では、あなた以外のキャラクターを描くとき、そしてキャラ設定をするときに何を考えていますか?
それができるかどうかが、キャラ作りのはじまりとなります。
自分ではない人間のセリフや行動を描くには、そのキャラの心理がわかっていないとだめですよね。
性格やそのときの気持ちを斟酌できるかが重要なのです。

ですが、それはあくまで舞台裏のこと。
すべてを読者に開陳する必要はありませんし、他のプロもそうしています。
だから作品を読む際にはわかりにくいかもしれませんが、裏ではちゃんとやっているんですね。
そのことをわからず作品を書いてしまおうとすると失敗するだけです。

あくまで自分ではない他人とはどういうものかをよくよく考えてください。
そしてあなたが二重人格でない限りは、身近な人物の観察こそが最も有効な訓練となるでしょう。
あなたの友達や恋人について、あらためて観察してみて、ちょっと深いところまで解析してみませんか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/704-5d5bb47e

HOME
広告: