L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章のテンポを考えてますか?

文章のテンポは執筆よりも読書ベースで考えるできことです。

しかし、これが書いているときはなかなかわからないものですよね。
声に出して自分の作品を読んでみることをおすすめします。

そして、なによりも中級者以上に多いのが描写しすぎです。
情景や心情などいろいろなことが書けてしまうがゆえに過度に書きこみすぎてしまい
どうしてもストーリー進行が遅くなってしまいがちなんですね。

しかし遅々として話が進まないと、読者をイラだたせたり、退屈させがちです。
そうならないようにストーリー展開のテンポは一定以上の早さが必要になってきます。
作風としてまったく話が進まないみっちり書きこんだ作品もありますが
よほどの文章力がないと成立し得ないくらい難易度が高いのでおすすめできません。

ただしテンポが早ければいいってものではありません。
作品を面白く感じるには緩急のペース配分も必要なのです。

ストーリーの内容だけでなく、そういったテンポについても配慮してみてください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/705-8700e3eb

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。