L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

つまらない人の見分け方

世の中には、おもしろい人もいれば、つまらない人もいるわけで、今回はつまらない人の見分け方です。

ネット上でつまらない人を見分けるのはとっても簡単です。
その人の発言で「つまらん」とか、よく言ってる人は高確率でつまらない人です。
ひょっとした、あなたの身の回りにもいませんか?
「あのアニメはつまらん」とか誰々は「ツマンネ」とか日記や掲示板に書いている人が。
そういう人は本人が”つまらない人”なんですね。

なぜなら、おもしろい人というのは、いくらつまらない作品と出会っても
どこがつまらないのかという点を本当におもしろおかしく教えてくれるので
心底おもしろくない作品だと説明されているのに、ついついそんなにつまらないっていうんなら
一度、怖いもの見たさに見て(読んで)みようかと思ってしまうんですね。
そういう経験ってありませんか?

しかしながら評価対象の作品や人物が本当につまらないものかどうかわかりませんが
とにかく「つまんね」とか一言で、ばっさり切り捨ててしまうような人というのは
その人自身の伝える力”コミュニケーション能力”が欠如してしまっていることが多いです。
そういう人に限って「俺だけがわかってるんだ。周りはバカばっかりで理解できないんだ」とか言ったり
ときには本当にそう思いこんでいたりして、なかなか困ったちゃんが多かったりします。

でも、つまらない人が本当に人間的に魅力の乏しい人なのかというと、そういうわけではありません。
それなりにユニークな視点で物事を考えていたりするわけですが、いかんせんそれを他者に伝達できないのです。
そして、ようやく出てくる言葉が「つまんね」といった端的な言葉にしかならないのです。
どうして、そういう言葉しか出てこないかというとボキャブラリーの問題もありますが
どちらかというと「相手にわかってもらう」という意識がそもそも著しく欠けているようです。
つまり自分本位に一方的に話をしようとするだけで、相手の理解を促す努力をしていません。
それでも「つまんね」ではなくて反対に「おもしろい」でもよさそうなものですが
なんとなく否定するほうが格好よく見えると思っているんですね。俗に言う中二病です。

こんな調子ですから他者の理解なんて得られません。
だから本人もなんでわかってくれないのかとイライラします。
つまらない人がたいていムスッとしていることが多いのは、他者とのコミュニケーションが円滑にとれず
自分の価値が正当に認められないという不満が外の世界全般に対する攻撃性につながっているのですね。
そして不機嫌そうな顔をしていれば自然と周りの人を遠ざけてしまうし、
本人もなにを言ってもわかってもらえないという諦めから、だんだんと言葉少なくなっていき
やがてコミュニケーションを拒絶してしまう……まったく負のスパイラルです。
そしてリアルでは無口で殻に閉じこもり、反動で匿名性のネットで横暴になったり暴れたりと
お決まりのコースを辿ることになります。

作家は作品(言葉)を読者に理解してもらってナンボの世界です。
くれぐれもつまらない人にはならないでくださいね!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/73-a8f77afd

HOME
広告: