L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スロットカー初体験してきました!

先日のブログで話題にしたスロットカーを遊んできました。
仕事帰りに博品館に立ち寄ってみたわけです。

4階の受付で20種類程度のレンタル車の中から1台を選んで
コース脇に付属したコインボックスに100円硬貨を2枚セットすればスタートです。
ピストル型コントローラーのトリガーを絞れば一気に加速していきます。
しかし初心者にはアクセルワークの加減がわからないのでコースアウトの連続でした。
でも、それがデジタルゲームにはないマテリアルゲームの醍醐味なので
かえってリアルな楽しさを感じられるんですね。
自前のスロットカーだと破損に気が気でないのかもしれませんけどw

それでやってみた感覚としてなんですが感想としては
昔テレビでやっていた『爆走兄弟レッツ&ゴー!! 』そのものでした!
あのアニメの題材はミニ四駆なんですが、番組の演出上の関係で
実際のミニ四駆は操縦できないのでマシーンがスタートしたら
あとはただ見ているしかないわけですが、それだと盛りあがらないので
ありえないんだけど「いっけぇぇっ!」とか叫んだり、気合いを入れたりすると
自分のミニ四駆が急加速したりジャンプしたりする演出がありましたよねw
スロットカーだと叫んでも加速しませんが、トリガーを絞れば加速させられます。
あのアニメの感覚を味わいたいならミニ四駆じゃなくてスロットカーでしょう!



なによりいいのは外部電源で動くことなんじゃないですかね。
内部電源で動くラジコンだと走るのは10分間くらいで
それ以上遊びたければ予備バッテリーを購入するしかないわけです。
乾電池やバッテリーの心配をしなくていいのは便利だと思います。
ただ博品館のコースは5分間200円と銀座の一等地のコースのためか
利用料は他のコースよりも若干割高な設定ですけど
都内にはもっと安いコースもありますし全国各地にも結構散らばっています。
(どうやらショップは開店したり閉店したりが激しい業界のようです)
もちろんホームコースを置くスペースがある人なら利用料はゼロです。
一般家庭に置けるサイズのホームコースならミニ四駆のホームコースより安いですよ。

ラジコンに較べれば車両価格も手軽だし、バッテリーなど面倒なこともないのですが
やっぱり扱っているショップやコースが少ないということもありますし
自宅にコースを敷設するにはちょっと大きすぎるという欠点、
なにより日本に根付いたミニ四駆と競合するジャンルということもあって
やっぱりホビーとしてはマイナーにとどまっているんですよね。

アメリカだと失業をきっかけに趣味のスロットカーにのめりこんで
ついに特製コースを作成する会社を起業して大儲けした人もいるくらいなんですが。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/731-89b57523

HOME
広告: