L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

ウォーハンマー40000にも手をだすべきか

最近あまり記事にしていませんが、それくらい思い出したように進めている趣味のひとつが
英国ゲームズワークショップのミニチュアゲーム「ウォーハンマー・ファンタジーバトル」です。

現在、私が手をだしているのは中世欧風ファンタジーのミニチュアを使ってプレーする
ウォーゲームなんですが、もうひとつSFシリーズがあるんですよね。
こちらは「ウォーハンマー40000」(WH40K)というんですが、海外のギークには
ファンタジー世界よりもSF世界のほうが圧倒的に人気なわけです。

で、今年はこの40Kのルールが第6版に移行したということで、6月にルールブックが
そして9月にミニチュア付きスターターセットが発売されることになってます。
私としてはファンタジーバトル(FB)でさえ追いついてないので40Kはスルーする方向だったんですが
ちょっとミニチュアの造形を見てしまったら、これは欲しいかもと思ってしまったんですね。
ということで、買ってしまおうかどうか悩んでいます。

高いといっても、しょせんはプラモですですから買うのはいいけどペイントをどうするかなんですよね。
また今回のモデルは精巧なだけにかなりペイントが難しそうでもあるわけで……

興味ある人は実際に見てください。
画像ではサイズがわかりにくくて、精巧なだけに実際より大きく感じるかもしれませんが
ミニチュアゲームでは一般的な「人間の身長=28mm」というスケールとなってます。
画像だけ見てると5~20cmくらいに見えてしまうんですが、実物はかなり小さいですよ。



そんなわけで購入を悩んでいるところです。
まあ、40KはFBとちがって密集方陣を組んだりしないので、ザコ兵を大量生産しなくていいのが救いです。
でも買っちゃいそうだな……で、やるなら気持ち悪い邪悪なケイオス・スペースマリーンかな。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/755-c13a1994

HOME
広告: