L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作者が書きたいこと=読者に感じてほしいこと

きょうの本題はタイトル通りです。

けっこう多くの人が、この基本から逸れてしまっている人が多いので改めて書いてみました。

文法や小説作法に大きなミスがなく、かつストーリーが破綻していなければ
駄作か傑作かを決定づけるのは、読者がその作品を読んでどういう思いを抱くかにかかっています。
読者は専門家ではないので、大半の人は「おもしろい」か「まあまあ」、「つまらない」くらいしか
言葉にすることはできないのですが、実際の心情というのは人それぞれだし複雑だったりします。

だからこそ作者は、どういう読者にどんなふうに感じてほしいのか、あるいは考えてほしいのか
そういうことをバックボーンとしながらストーリーやキャラを考えていってほしいですね。

これを的確に、そしてより深く考えられる人は、それだけで他の人よりアドバンテージがあります。
「自分のやりたいようにやる=最初の読者である自分自身にとって最高のものにする」というのもひとつの手ですが
天才肌的なやり方なので、何度も挑戦しているのに結果のでない人は、じっくり考え直してみましょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/756-1fe572aa

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。