L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレデターの元ネタは1968年の日本映画まで遡るから

特撮ファンになら有名な話ですがエイリアンのプレデター(1987-)のデザインの元ネタは
『電撃戦隊チャンジマン』(1985)の敵幹部のひとり宇宙海賊ブーバであり
ブーバは映画『妖怪大戦争』(1968)の青坊主をオマージュしているんですね。

下画像リストを見てもらえれば、その変遷がわかってもらえるでしょうか。

青坊主宇宙海賊ブーバプレデター

ということで、パクりというわけではなく、いいものは伝承されてゆくんですよね。
実際に青坊主もブーバもカッコいい人気キャラでしたから印象も強かったです。

何が言いたいかというと、オリジナルなんて気にしないでいいということです。
キャラデザインに限らず、そうそう”いいもの”が手つかずで残っているわけはないんですね。
でも注意してほしいのはジャンルが異なっているということです。
青坊主は妖怪映画だし、ブーバは特撮戦隊物(SF)、そしてプレデターはアメリカ映画です。
妖怪と宇宙人、日本とアメリカ、そういう時代や地域に差があってはじめて成立するんですね。

常々書いているように、ライトノベルを参考にライトノベルを書こうとすることは
自殺行為であることをよくよく頭に入れながら、別のジャンルから参考にするよう心がけましょう!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/757-a2e9f993

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。