L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章のクセを伸ばそう

経験上、初級者同士で作品講評をすると、どうしても文章についての言及が多くなるんですね。
状況として原稿全部ではなく一部抜粋なので、しかたない面もありますが、それでも多いですし
流れとして、そっちの方向に話題が引きずられてしまうようなんですね。

理由としてはストーリーやキャラの良し悪しなどは、見極めが難しいので、
比較的わかりやすい文章について話あってしまうのも無理もないことです。
でも、それではスキルアップにはあまりつながらないのもまた事実です。

私見ではありますが、文章は二の次でいいと思います。
美文麗文を書けるからといって、おもしろかったり感動できたりする作品が書けるわけではなく
大事なのは中身なので、文法ミスとか読みやすさとかいった最低限のレベルをクリアしていれば
それほど気にすることはないといってもいいでしょう。

もちろん巧い文章にこしたことはありません。
ただし巧すぎると、すらすら読めてしまって、かえって眠くなったりとか、頭に内容が入っていかないとか
そういう弊害なんかもあるので、少しはクセのある悪文のほうがよい場合も多々あります。

書道だって習字みたいに活字みたいなお手本の字を書く人が評価されるわけではなくて
個性的でいて表現豊かな人のほうが評価されるわけです。
絵画も実物と寸分たがわない模写ができることが評価されるわけではないです。
文学という芸術においても同じだと思って自由に伸び伸びとやってください。

とはいえ「そうか、自由に伸び伸びやればいいんだ」なんて、すぐに思ってしまう人は
たいてい基礎力が身についてないので、文章の基礎を学んだほうがいいですよ。
逆に「いやいや、私はどうも文章が下手で我慢ならないんだよ」と思ってしまう人にこそ
そういう表現の自由な拡がりを感じてほしいと思っています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/759-98375156

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。