L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

第1回ちゅうかなパチパチ体験

あのパチモンサミットの後継企画『ちゅうかなパチパチ』に参加してきました。

サブタイトルは「中国などで氾濫しているいつかどこかでみたようなキャラクター玩具の祭典!」ということで
パチモンワールドは昭和の国産パチモンから大陸のパチモンへと活躍の場を移したのでした。
ということで中華パチモンとはどういうものかとうと、知らない人のために写真をチラリ。

ちゅうかなパチパチ

今回展示されていた中華パチモンを見れば、知らない人でもだいたいわかってもらえるかと思います。
日本の有名なロボットとか世界的に有名な動物キャラなどを著作権無視でパチった玩具たち……
いくつかの製品を見るだけで、そのカオスな雰囲気はわかっていただけるのではないかと思います。
著作権を無視しているからこそ、どうしてそうなるのかといった組み合わせやデザインも多くて魅力的ですよね♪

そしてパチモンサミット同様に今回もおみやげソフビがありました。その名も「ちゅうかなゾウさん」です!
しかも正面のタイコ部分には「ちゅうかなパチパチ」と刻印されているオリジナルグッズですよ。
ぱっと見は鼻といい手といい、なんともいかがわしい表情のゾウのソフビ人形でしかないわけですが
ちょっと後ろを見ると、あれっと思いませんか? そう、ゾウさんの耳のところですよ。
なんとなく見覚えのあるデザインの一部が……

ちゅうかなゾウさん前
ちゅうかなゾウさん後

そうです! 元ネタは知っている人は知っているトラウマ玩具「ハッピードラマーキャット」なのでしたw



とはいえ、そんなに似てないのがパチモンクオリティだったりもします。
それにしても、このドラ○もんと思いきやゾウさんのおもちゃこそが
中華パチモンブームの火付け役だったんですよ~!
初出はなんとテレビ番組『ガイアの夜明け』だったりと、裏話もいろいろ聞けました。
この玩具を知っている人は『トリビアの泉』で放送されたのを観た人が多いんじゃないでしょうか?

そんな密かなブームの中華玩具なのですが、実質5人によってまわっている非常に狭い世界。
今回は、そのうち3人がトークゲストとして登壇、1人が来場ということで
日本の中華玩具界リーダーの80%が集結したのが、ちゅうかなパチパチなのでしたwwww

しかも、狭い世界ながらも、各人それぞれジャンルが住み分けされていまして
インチキ番長さんさんは主に偽トランスフォーマーなどの変形ロボット玩具を
スギやんさんはガンプラならぬ「贋プラ」などプラモデルを
そしてセタ~ンさん(ダイナックコグマ)は上のドラマーキャットみたいな電動玩具(トラウマ玩具)と
得意分野がわかれているところがまた面白いですよね。

今回のトークでは、それぞれどうしてパチモン世界へと誘われたのかという話がありまして
ダイナミックコグマのセタ~ンさんは、本当にダイナミックダイクマ勤務だったという衝撃の事実を知ったり
最初は韓国、そして香港、上海、さらには大陸奥地へとパチモンを発見しに行ってることなど興味深かったですね。
違法すれすれ?な中華玩具を持って税関をくぐりぬける攻防については笑わせてもらいましたし。
ちなみに、いきつけの問屋のお嬢さんロンロンさんは美人で日本留学希望とか貴重な情報もありましたよ。

後半は「トーマス系パチモン進化論」や「中華SDガンダムの元ネタ探し」などのスライドショーから
「機関人トーマス解体ショー」(画像上の右端のやつ)といった実演と、本当にためになりました。
機関人トーマスの中からパチLEGOブロック状のパーツが発見されたのは歴史的大発見でした!

そして最後はおなじみの大抽選会です!
今回はプレゼントの数がちょっと少なめだったということもあり、
ドリンクやフードをたくさん注文して、かなり抽選券を手に入れたんですが
私が当選したのは、ゾウさんの写真にも写っている、青い爆発光をあしらった台座だけでした。
もちろんゾウさんの台座ではなく、贋プラ(1/144)のディスプレー台座なんですけどね。
トーマスなど3体の機関車が合体する変形合体ロボを狙ってたんですけどねw

そんなこんなでパチサミ特有の昭和レトロな雰囲気というものは残念ながらなくなってしまいましたが
現在進行形で日々進化しているパチモン業界を知るには、いい機会だと思っているので次回も期待してます!

またお金を払ってまで、いんちきオモチャなんて見たくないけど興味がある人もいると思います。
そういう人には今週末の3連休に東急ハンズ池袋店にて無料イベント(1日3回転)があるんですね。
『いんちきおもちゃ大図鑑』や『スーパーB級変形ロボット大戦 ダガング』の著者である
いんちき番長さん、加藤アングラさんによるワークショップがあるので行ってみたらどうでしょうか?
変形ロボットなんかのフックトイ(チープトイ)の実演販売もやるみたいですよ!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/763-98d3f26c

HOME
広告: