L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諦めるな! 見切りをつけろ!

夢を諦めたら、そこで終了です。
しかし成果が出ないのに、いつまでもぐずぐずと惰性で続けても意味がありませんよね。

作家を志すなら「書くこと」に対して諦めてはいけません。続けていればこそ希望があります。

ただし1つの作品やアイデアにこだわってはダメです。
ダメな作品を改稿しても効率は悪いし、ほぼ確実に成果はでません。
基礎工事が欠陥だったり、地盤が軟弱だから家が傾くのに、壁や柱をいくら直しても家はしっかり建たないものです。
それこそ見切りをつけて、次の作品の執筆にかかるのが得策ですし、未来があります。

少なくともなかなか書き上がらないとか、評価されない作品をいつまでもいじるのはいったんやめにして
新しい作品に挑戦して作品を完成させることに傾注しましょう。
そうすれば、いつしかお蔵入りさせていた作品を書くときが訪れるかもしれません。

一点だけ注意してほしいのは、なんでもかんでも途中で放棄してひとつも完成させられないことです。
これは最悪の事態なので、できるだけ完成させることを念頭に執筆していきましょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/776-5ce6b072

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。