L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

これが江南スタイルのロボットアニメなのか!?【パチモノ】

パクリ大国南朝鮮というサイトを久しぶりに見たんですけど、いつのまにか充実してました。

特に興味深かったのが知られざる!? 韓国ロボットアニメの歴史のコーナーだったんですが
韓国内で放映あるいは放送された作品はほぼ網羅されているんじゃないでしょうか。
韓国では2000年代になってもテレビ番組はあまり多くなく映画のほうが主流なんですね。

それにしても、どのロボットも何かしら日本アニメのロボットやキャラに似てるんですね。
私が見た限りオリジナルだなと思えるのは、全体の1割以下ですかね……
ただ私が原作を知らないだけでパクリ元があるのかもしれませんけど。
打ち切りになったアクロバンチなどの地味な敵ロボとかも混じってるんですよ、これがw

マジンガーZのパクリで有名なテコンV(1976)はよほど人気だったのか
1990年代になっても流用されてゆくわけですが、細かいデザインやら脇役・敵役のロボットについては
だいたい数年遅れで導入されているんですよね。
韓国が日本アニメの下請けをするようになると、即パクられることもありますし
中にはレザリオンみたいにセル画を盗用されて韓国オリジナル作品として上映されたものもありましたしね。

しかし、もっとも驚いたことがありました。
1980年代後半にもなると、韓国作品は経費節約も兼ねてロボットシーンはアニメでも
キャラが登場するシーンは特撮ものみたいに実写で撮影するなんて作品も多くなってきます。
しかも、この当時は日本の玩具会社の下請け工場がありましたので
そこから流れて(盗まれて)きた金型で作られた超合金やプラモデルがたくさんあったわけです。

そして、当然の帰結だったのか、韓国で作られた違法コピーのオモチャ<パチモン>たちが
こともあろうに韓国作品の特撮シーンにそのまんま出てくるんですよ。
映画用にミニチュアを作るとかではないようです。そのまま超合金やガンプラが
スクリーン狭しと大活躍するんですね。
静止画でしかわからないので、ストップモーションで撮影したのか
見えないところで手で動かしたり、糸で吊ったのかはよくわからないんですけど。

『テコンV』のDVDなんかは持ってたりしますし、いくつか韓国アニメを観てきているので
総じて作品としての完成度としては期待できないんですが、やっぱり興味ありますよね。
しかしながら韓流ドラマをこれだけ放送してるんだから、たまには韓国アニメも放送してほしいものです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/777-ba7037c4

HOME
広告: