L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女とジャイアントホビーでミニチュアペイント三昧でした

きょう土曜日は高円寺のミニチュアゲームショップ「ジャイアントホビー」さんに遊びにいきました!

ジャイアントホビーは中野ブロードウェイから高円寺に移転したことでゲーム&ペイントコーナーが充実して
お一人様500円で終日組み立て&ペイントし放題という素敵なところなんですよ。
ミニチュア用の塗料って正規品のシタデルカラーだと1色500円、スプレーになると2千円以上しますからね。
カラーやスプレー、その他模型用ツールを500円でどれでも自由に使っていいのはお得すぎます。

今回は彼女と一緒にはじめて利用しましたが快適に作業できました。
ペイントしたのはウォーハンマー40000のスタートセット付属のカルティスト20体と
ディストピアンウォーズというスチームパンク艦隊戦ゲームのフランス海軍浮遊戦艦1隻です。
そして彼女はというと前に組み立てただけで放置されていたウォーハンマーのスケルトン5体でした。
結局、完成したのはスケルトン5体だけで、浮遊戦艦も一応は9割方ペイント完了しましたが
さすがにカルティスト20体は下塗りスプレー+αくらいしか進みませんでした。

それで浮遊戦艦はディズニーシーにも展示されている『海底二万マイル』のノーチラス号みたいに
スチームパンクっぽく全体を銅色を基調としたメタルカラーで塗っていたところ
近頃スチームパンクにハマっている彼女が興味を示しまして、その場で南極海軍の浮遊戦艦を購入しまして
次回、この戦艦を自分でペイントするということになりました。
ディストピアンウォーズはスタートボックスもルールブックもまだ買っていないのですが
元々、私は軍艦好きなのでデザイン的に気に入って、とりあえずディスプレーモデルとして作ってます。
でもいつか駆逐艦やら巡洋艦、空母、超弩級戦艦なども揃えて海戦をしてみたいですね。
しかしあちこち手を出しても収拾がつかないので、まずはウォーハンマーのほうを揃えるのを先にしないとね。

都内近郊在住でミニチュアゲームに興味があるならジャイアントホビーはおすすめですよ。
あんまり人気がですぎていつも満席になってしまい、肝心の自分が利用できなくならない程度に
ほどよく流行ってくれるといいなと思っています――すでに時間帯によっては本日もほぼ満席でしたけどw

現行の取り扱いゲームは遠未来の宇宙戦争をテーマとした定番「ウォーハンマー40000」と
並行世界の19世紀末を舞台とする海戦ゲーム「ディストピアンウォーズ」
そしてジャイアントホビーオリジナルの異世界ファンタジーゲーム「サイクロプス」の3種類です。
好きなミニチュアを買って、その場で開封、組み立て、ペイントするのもいいと思いますよ!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/780-df36650d

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。