L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ、ハロウィンって日本で流行ってない?

日本で「ハロウィン流行らない理由」なんてネットニュースがありました。
でもおもいっきり日本に定着してると思うんですけどねw

この季節になれば、どこの商業施設もカボチャや魔女のディスプレーに埋め尽くされていますし、
川崎ハロウィンには3000人以上の仮装パレードに観客を含めれば何万人も動員されてます。
我が家の近所にある小さな商店街のハロウィンイベント(仮装した子供にお菓子をあげるだけ)でも
1000人以上のちびっ子が集まってましたからね。個人的にははやってないとは、とても思えません。

ただ各家庭に子供たちがお菓子をもらいに行くというアメリカ的なものは行われていませんが
それは対比例とされているクリスマスもバレンタインデーも同じですからね。
欧米ではクリスマスは恋人とすごすのではなく、家族ですごしものだし
プレゼントのほかにクリスマスカードを送り合うというのも日本ではマイナーですよ。
バレンタインデーだって元々はチョコと無関係だし、女性からプレゼントというのも日本限定ですしね。

ですから欧米式のクリスマスもバレンタインデーも日本でははやっていないことになります。
しかし、これらのイベントがはやっているし、定着しているというのなら
日本のハロウィンも子供たちのイベントというより若者のイベントとしてかなり定着してきたといえるでしょう。

ただほかのイベント同様に友達同士で騒ぐというリア充的な要素をたぶんに含んでいる関係上
非リアの声の大きいネット界隈では、どうしてもはやっていないともいえるし、そうだと思いたいんでしょうね。
はやらない理由に「下手すると通報されるから」という意見があがっているのも、その証左でしょう。
リア充気質の人はかなり変なことをしても通報されませんが、非リア気質の人は普通に歩いているだけで
警察官から不審者扱いをうけて職質をうけてしまうこともしばしばあるわけですから……

これから日本的に解釈されるハロウィンがどのようなものとなるのか、私はたのしみにしています!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/794-da5769dc

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。