L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

作家は変人であるべきか?

単刀直入に言えば、ひとさまに妄想を売るのが小説家の仕事ですから、普通の人ではつとまりません。
やはり変人として、どこかおかしいところがないと小説家としてやっていけないでしょう。

ですが変人だからといって対人コミュニケーションがとれなくてもいいというわけではありません。
小説家というのは独りで仕事をしているわけではなく、常に編集者との共同作業だったりします。
また編集部に自分の作品がいかに面白いかをアピールするだけのプレゼン力、営業力が求められます。
結局のところ、長く仕事を続けるコツは人脈だったりもするので、どうしてもコミュニケーション力は必須です。
そもそもコミュニケーション力がないと、読者に共感してもらったり理解してもらったりすることもできませんよね。

だから作家は変人であるべきです。
しかし普通の感覚とコミュニケーション力も必要です。
もっとも作家に向いていないタイプは、ごく普通の感性なのにコミュニケーション力のない人です。

もし、あなたがコミュニケーション力がないと思うのなら、文章の訓練よりも、まずそこを鍛えてください!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/80-4fca16ee

HOME
広告: