L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドベントカレンダーを買ってみました

アドベントカレンダーを知っていますか?

アドベントといっても仮面ライダー関係ではありません。
「advent」というのは「到来」の意味で、この場合はキリストの到来を意味しています。
「降臨節」とか「待降節」とも訳されていますが、要はクリスマス前の期間のことです。
カトリックでは11月30日の「聖アンデレの日」に最も近い日曜日からクリスマスイブまでの約4週間で
最も早い年で11月27日、遅い年でも12月3日に始まるとされていますが
昨今のアドベントカレンダーにおいては、たいてい12月1日から25日までを扱っているものが多いですね。

古来からの習慣としては1週間に1本ずつロウソクを増やしながら灯してクリスマスを待つというものでしたが
アドベントカレンダーの場合は、カレンダー本体の台紙に1から25までの数字が(ときにランダムに)書かれていて
その数字のところを小窓状に開けられるような仕掛けがあるんですね。
そして小窓の中にはお菓子やオモチャなんかが入っていて、子供たちはクリスマスまで毎日
窓を開けては中にはいっているお菓子やオモチャを楽しむという趣向となっています。

日本でも結構メジャーになってきまして、洋菓子メーカーではメリーチョコレートやモロゾフが
なぜかスターバックスでも毎年ツリー型のアドベントカレンダーが販売されています。
オモチャ系ではレゴブロックでスターウォーズをはじめとして数種類がありますよ。
そのほかにも木製ボックス型や窓を開けるだけで特に何が入っているわけのないカード型もあります。

今年、私が購入したのは価格的にもお手頃なメリーチョコレートのもの(1050円)にしました。
中身がすべてチョコレート(らしい)というのも個人的にポイントが高かったですね。
モロゾフのは毎日お菓子が2個ずつと量も多いのですが、値段もちょっと高いということもありまして
来年以降、アドベントカレンダーがよかったら選択肢にいれようかなと思っています。

お子さんのいる家庭ならクリスマスプレゼント並みに子供たちがよろこぶ鉄板ネタになるでしょう!
お菓子もオモチャもささいなものですが、約1ヶ月のあいだ何が出てくるのか楽しみでしかたなくなりますよ。
amazonなんかで見ると安いもので500円くらいからありますので、ぜひお試しを。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/807-e62876a5

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。