L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこにスポットを当てていますか?

作品の着想として、特に最近重要となっているのが、何のどこに注目するかといったことにあります。

すでにメジャーどころはすでに掘り起こされてしまっているので、これからならマイナーなジャンル
あるいはメジャーでも他の人とはまったく別の角度から注目しないといけません。

ストーリーとしては王道でもいいというか、むしろ読者は王道路線を好むものですが
テーマとか題材といったものは、やはり今までにないようなオリジナリティがウケていますよね。

本屋大賞を受賞した『舟を編む』なんかでは、今までの小説では注目されなかった
地味な「辞書編纂」という仕事を題材にしつつ恋愛なんかも絡めた作品でした。
恋愛パートとか、冴えないけど魅力的な男性像とかいったものはまさに王道の流れでしたが
舞台がちがうだけでも印象はがらっと変わっていて惹きつけるものがありました。

またこの『舟を編む』以降、にわかに辞書編纂の仕事が注目を浴びることになり
テレビでも取りあげられたりしているようなので、その影響も見てとれます。
それだけいいアイデアの鉱脈を掘り当てたという証でもあります。

あなたの作品はどんなものやことにスポットを当てて作品を描いていますか?
そしてどの方向から、どのくらいの明るさや色の光を当てるかでも対象物はまるで違ったものとなってきます。
もしも既に他の人がスポットを当ててしまっているものに同じような光を当てるくらいなら
まだ注目されていないものにスポットを当てるほうが成功に近いかもしれませんね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/808-4f919875

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。