L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは何が好きか言えますか?

あなたが作品を書くとき、漠然と作品を書くことはないと思います。
「これはおもしろいぞ!」と思うから原稿を書いているはずですよね。
少なくともあなた自身は心からおもしろいと思う作品と思っているはずなのです。

……が、しかし。
実はみんながみんなそうではないんですね。
かなりの人が自分が書いている作品のどこがおもしろいのかわからないで書いているのです。
たいてい「この作品は特に理由もないけど、おもしろくなりそうだ」くらいの漠然とした気持ちで書いてるんですよ。
これでは第三者である読者がおもしろいと思ってくれる可能性なんてギャンブル以前に無謀な挑戦です。

少なくとも作者として、自分の作品のどこがどういうふうにおもしろいのかを自覚してください。
そのためにもあなたは何に興味を持っていて、どんなものを好んでいるのかはっきりさせましょう。
自分を見つめ直して、そのなかにあるものを言葉にする力を身につけてください。

好きなものは固定する必要はありません。
そのときどきでめまぐるしく変わってもいいんです。
ですが、だからといって漠然とした回答にならないようにすべきです。
できるだけ具体的かつ詳細であるほど、あなたの書きたい作品の方向性が明確になります。
そして、あなたは自分の作品について「ここがおもしろいんだよ!」ときっぱり断言できるようになります。

はっきりいって、そこまできっぱり言えるほど明確に自分の意見を言えるようになっていれば
その作品が愚にもつかない平凡な作品に終わることはないでしょう。
必ずや佳作以上のものとなってくれることはまちがいありません!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/816-b732361c

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。